カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2019.05.23

さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたのが、さっぽろ東急百貨店の井田さんでした。
「おもしろい催事があるんですが、一度札幌に来られませんか?秋の北海道は紅葉が美しいし、食べ物もおいしいですよ。」と話す井田さんの笑顔につられて、つい「行きます!」とお返事してしまいました。
その後、店が忙しくなり、催事に寄せていただけなかった数年間も、ことあるごとに井田さんは京都の店に顔を出してくれました。
今から12年ほど前、トラブルで「一澤信三郎帆布」として新しく出発をする日、朝9時の開店を待って、それはそれはたくさんのお客さまが並んでくださいました。その最前列に何と、札幌から駆けつけた井田さんが並んでくださっていたのでした。その時の驚きと嬉しさは今も忘れられません。直接の担当でなくてもずっと関わってくださることを心強く思い、井田さんと、とことんご一緒にお仕事をしようと改めて思いました。

昨年5月に放映された「カンブリア宮殿」の影響で、店の品物が品薄になり、毎年伺っていたさっぽろ東急百貨店さんの催事を、直前にキャンセルする羽目になってしまいました。本当にごめんなさい。さぞご迷惑だったことでしょう。
今年は6月6日から、私たちも楽しみにしている札幌での催事が始まります。
井田さんは今年で定年だそうです。大きな会社では、担当者が頻繁に移動になり、親しくなってもそこで関係が切れてしまい寂しく思うことが時々あります。長く商いをしてきて、やはり人とのつながりが大事だなと改めて感じています。今まで長いお付き合いをしてくださった井田さんへの感謝の気持ちも込めて万全の準備をし、京都から職人を含めて5人のスタッフが北海道のお客さまをお迎えします。

皆さまにお目にかかるのを楽しみにしております。

Around 20 years ago, we had never even dreamed of taking part in a local department store’s a special event until one day, Mr. Ida of the Sapporo Tokyu Department Store came to visit our shop.
“There is an interesting event. Won’t you come to Sapporo sometime? Autumn in Hokkaido is wonderful with beautiful autumn leaves and good food.” Mr. Ida’s smile and enthusiasm was such that we involuntarily responded, “We’d love to!” without a second thought.
Later, our shop was busy for several years and I was unable to continue attending the event. However, Mr. Ida would drop by our shop in Kyoto every so often.
Almost 12 years ago, following some in-company trouble, we reopened under the name, ”Ichizawa Shinzaburo Hanpu.” On the opening day, when the door of our new shop opened at 9am, an incredible number of people were waiting in front of the door. Standing at the head of the line was Mr. Ida who had rushed down from Sapporo. The surprise and sheer delight of seeing him there is unforgettable. Although he was no longer in charge of the Sapporo event, we were deeply moved that he still remembered us. We decided then and there that we would remain involved with Tokyu Department Store and indirectly with Mr. Ida.
Last May, when Shinzaburo’s interview on Cambria Palace, a TV program, was aired, our stock decreased so much so that we had to cancel taking part in the Sapporo Tokyu Department Store event. We are deeply sorry and regret having had to let down so many people.
This year, we are really looking forward to taking part in the event which will begin from June 6th.
It appears that Mr. Ida is retiring this year. In large companies, people are often transferred to another section after a few years and so even if a close working relationship has been made, sometimes it is cut off. We have been in business for a long time, and we still feel that relationships with people are essential. We are most appreciative of Mr. Ida and our long relationship with him and to mark his retirement, have checked and double checked all our preparations and will be taking five staff members from Kyoto, including craftspeople, to welcome customers in Hokkaido.

We look forward to seeing you all soon.

(恵/E)

その他の記事一覧
  • 2019.10.10

    令和元年、粟田祭!

    (写真は昨年の様子。担ぎ手みんなでお神輿を頭上にかかげる " 差し上げ " は圧...
  • 2019.09.18

    かばんと r(アール)の関係

    「先輩、このかばんの r(アール)、何でしたっけ?」 「ん?それはコーヒー...
  • 2019.08.09

    <新作>いつもの風景の中に

    早朝、いつもの場所で、たまに見かけるご夫婦らしきお二人。 仲良くならんで歩くそ...
  • 2019.07.25

    <新作>はじめてのおつかい

    斜め掛けをしたポシェットのひもをギュッと握りしめ、緊張した足取りで歩いてゆく、息...
  • 2019.07.17

    愛用かばんNo.56、大解剖!

    私にとって、かばんを選ぶとき大切なこと。 ①「何を入れたいか」 ②「どんなシ...
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...
  • 2019.05.23

    さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

    地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたの...
  • 2019.04.30

    <新作>お客さまとの会話から/ From a conversation with a customer

    今回の新作は、店頭でのお客さまとのお話がきっかけです。 『趣味で色々な所を散策...
  • 2019.04.04

    物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

    京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。 「職員たちが校内で携帯電話な...