カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2019.02.13

父の背中 / My Father’s Back

写真の製品は No.76 。半紙も折ったりせずに、そのまま入るこの手さげかばんが、目下の第一候補。/Picture above is No.76. It’s my first choice so far.

“ 納豆は食えないんじゃなくて、食わないだけだ ”
私が唯一父に勝っている点は、父が苦手な納豆を喜んで食べられるくらいではないだろうか。
昔からなんでも自分でやってしまう父。家の水道修理、フローリングの張替え、畑仕事、料理。そういえば小さい頃の夏休みの宿題の工作も、どさくさに紛れて父にやらせたり…(おっとこれは内緒だった。)私が中学の時に陸上部に入ったのも、走るのが得意だった父の影響だ。

そんな父は昨年、長年勤めた地元の村役場を定年退職した。なかなかゆっくり会えていないので、今年こそはお疲れさまでしたの意味も込めて、うちのかばんを贈ろうと思っている。趣味の書道の道具も入って、一泊旅行にも行けるくらいの大きさのものを。余裕のできた時間を、思う存分楽しんでくれますように。

父の背中を追いかけるように、高校でも陸上を続け、大学では駅伝部に入った私。今でも毎日のランニングを欠かさないよう心掛け、毎年京都マラソンに参加することが目標。今年で4回目の挑戦となる大会もいよいよ。納豆を食べられるという誇りを胸に、今年も粘り強く走りたい。

“It’s not that I can’t eat natto (fermented soy bean), I just don’t.” The only thing I can boast about is that I can happily eat natto while my father cannot. My father has always done everything himself from plumbing, doing over the wood flooring, farming, and cooking. Which reminds that as he was so good at everything, I even inveigled him to do my summer construction homework when I was a child. (Oops, this was a secret!) It was also my father’s influence that I joined the track and field club when I was a junior high school student.

My father retired last year from the local village office where he had worked for many years. As we have not been able to spend too much time together, this year I am thinking of giving him a bag as a present for all his years of hard work. It will be big enough to hold his calligraphy paraphernalia, his hobby, as well as an overnight bag as I hope that he will thoroughly enjoy his hard earned free time.

Almost as if I were trying to catch up with my father, I continued to run through high school and when I entered university, joined the ekiden (relay race) club. Even now I try not to miss my daily run as my goal is to participate in the Kyoto marathon each year. This will be my fourth time to participate this year. With pride in being able to eat natto, I hope to persevere like the sticky natto this year.
(黒岩/Kuroiwa)

※2019年の京都マラソンは、2月17日(日)です。/  ※Kyoto marathon 2019 will be held on the 17th of February.

昨年の私と、40年前の父 / Myself last year and my father from 40 years ago

その他の記事一覧
  • 2019.08.09

    <新作>いつもの風景の中に

    早朝、いつもの場所で、たまに見かけるご夫婦らしきお二人。 仲良くならんで歩くそ...
  • 2019.07.25

    <新作>はじめてのおつかい

    斜め掛けをしたポシェットのひもをギュッと握りしめ、緊張した足取りで歩いてゆく、息...
  • 2019.07.17

    愛用かばんNo.56、大解剖!

    私にとって、かばんを選ぶとき大切なこと。 ①「何を入れたいか」 ②「どんなシ...
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...
  • 2019.05.23

    さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

    地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたの...
  • 2019.04.30

    <新作>お客さまとの会話から/ From a conversation with a customer

    今回の新作は、店頭でのお客さまとのお話がきっかけです。 『趣味で色々な所を散策...
  • 2019.04.04

    物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

    京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。 「職員たちが校内で携帯電話な...
  • 2019.03.07

    ミンナソラノシタ/Everyone under One Sky (Minna Sora no Shita)

    東日本大震災後、「アートオークション 」など、私たちでできる取り組みに関わってき...
  • 2019.02.13

    父の背中 / My Father’s Back

    写真の製品は No.76 。半紙も折ったりせずに、そのまま入るこの手さげかばんが...