カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2019.01.17

抹茶に魅せられて…/Bewitched by Matcha tea…

生まれ育った台湾を離れ、早や6年。いろいろなご縁があり、今は一澤信三郎帆布の店頭スタッフとして働いています。
私は京都が大好きで、休みの日も自転車でいろいろなお寺や神社を訪れるのが楽しみの一つです。

初めての来日は高校2 年生の時。父と二人で訪れた金沢の兼六園で、お抹茶というものを生まれて初めていただきました。お抹茶独特の苦みが気に入り、その美味しさにドキッ。それ以来、その感動をずっと忘れられず、去年の夏に念願叶って、茶道を習い始めました。

お稽古は、襖の開け閉め、畳の歩き方、お辞儀、袱紗捌き。早く抹茶を点ててみたい私にとって、どれもとても地味なものばかり…。それでも、日常生活の中で、自分の所作が少しずつ変わってきたことに気付いたのです。
今月からようやく盆略点前のお稽古。先生からは「盆略点前ができるようになって、やっとスタート地点ですよ。」と言われました。まだまだ道のりは長いですが、お稽古初日の先生からのお言葉、「茶道は生き方です。」という意味を、これからお稽古を通じて学び続けたいと思います。

Six years ago, I left Taiwan where I was born and raised. Thanks to many serendipitous encounters and meetings, I am now working as a staff at Ichizawa Shinzaburo Hanpu. I adore Kyoto so on my days off, I enjoy cycling to the many temples and shrines.

I first visited Japan as a 2nd year high school student. My father and I went to Kenroku-en Garden in Kanazawa and there, for the first time in my life, I drank matcha tea. I was at once enthralled by the tea’s unique bitterness and my heart sang at its deliciousness. Since then, I could not get over the sheer magic of that experience and last summer, my dearest wish was realized and I was able to begin studying the art of the tea ceremony. The lessons include opening and closing the fusuma (sliding door), proper way of walking on the tatami without stepping on the edges, bowing, and the handling of the fukusa (square cloth used in the tea ceremony). I found all these details tedious as I desperately wanted to learn how to make matcha right away. However, little by little, I became aware that my movements as I went about my daily life had begun to change.

From this month I will start the Bonryakutemae, the introductory tea ceremony for novices. My teacher said, “Once you have mastered the Bonryakutemae, you will at last be standing at the start line.” Although I still have a long way to go, I would like to continue to study the meaning of what my teacher said on my first day, that the tea ceremony was a way of life.

(詠/Yung)

お稽古にはいつも、A4の書類がストンと収まる H-20 を愛用しています。マチが広すぎず、スッキリと持つことができます。
I always use the H-20 bag when I go to my tea ceremony lesson as it holds A4 size documents perfectly. It isn’t too wide and can be carried about with a minimum of fuss.

その他の記事一覧
  • 2019.08.09

    いつもの風景の中に

    早朝、いつもの場所で、たまに見かけるご夫婦らしきお二人。 仲良くならんで歩くそ...
  • 2019.07.25

    はじめてのおつかい

    斜め掛けをしたポシェットのひもをギュッと握りしめ、緊張した足取りで歩いてゆく、息...
  • 2019.07.17

    愛用かばんNo.56、大解剖!

    私にとって、かばんを選ぶとき大切なこと。 ①「何を入れたいか」 ②「どんなシ...
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...
  • 2019.05.23

    さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

    地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたの...
  • 2019.04.30

    <新作>お客さまとの会話から/ From a conversation with a customer

    今回の新作は、店頭でのお客さまとのお話がきっかけです。 『趣味で色々な所を散策...
  • 2019.04.04

    物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

    京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。 「職員たちが校内で携帯電話な...
  • 2019.03.07

    ミンナソラノシタ/Everyone under One Sky (Minna Sora no Shita)

    東日本大震災後、「アートオークション 」など、私たちでできる取り組みに関わってき...
  • 2019.02.13

    父の背中 / My Father’s Back

    写真の製品は No.76 。半紙も折ったりせずに、そのまま入るこの手さげかばんが...