カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2019.01.01

明けましておめでとうございます!/A Happy New Year!


明けましておめでとうございます。
旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。

私は去年の6月に入社し、店頭スタッフとして働いています。地元九州を離れ、初めての京都生活の中で、一澤信三郎帆布の織ネーム付きのかばんを、そこかしこでよく見かけます。バスにいる女子高生、スーパーに行くお母さん、出勤中のお父さん、犬のお散歩をするおじいさん。目にするたびに、心の中で「お使いいただいて、ありがとうございます。」と言ってお辞儀をしています。

就職が決まってから、地元の友人に会社のことを伝えると、1枚の写真が送られてきました。使い込まれたレンガ色のかばんをブックカバーにリメイクしたものでした。使い倒して、もう修理が出来なくなったので知り合いに頼んで作ってもらったそうです。私が知らなかっただけで、京都だけでなく身近なところでも、一澤信三郎帆布のかばんは愛されているのだな、と実感しました。

これからも幅広い世代に愛されるかばんづくりに携われることに感謝し、先輩方を見習いながら、何事にも前向きにチャレンジしていきたいと思います。

本年も、一澤信三郎帆布をどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様にとって、佳い年になりますように。

A Happy New Year to you all!
Thank you very much indeed for your patronage during the past year.

I joined the company last June as a sales clerk leaving my home town in Kyushu and living alone for the first time in Kyoto. Since then, I have often seen bags with the “Ichizawa Shinzaburo Hanpu” brand tag while walking in the streets. At times, it was a high-school girl at a bus stop, a woman going to the supermarket, a man on his way to work, an old man walking his dog, and so on. Whenever I see someone with our bag, I always secretly thank them and bow to them in my heart.

When I decided to work here, I told my friend about the company, and she immediately sent me a photo. It was a book cover made from an old long-used light brown Ichizawa bag. She said that the bag was beyond repair, but loath to part with it, had asked her acquaintance to remake it into a book cover. I realized then that the bags of Ichizawa Shinzaburo Hanpu were loved by people not only in Kyoto, but also in my hometown. I just hadn’t been aware of the fact until then.

I would like to keep a positive outlook and try my hand at everything I can, and learn all I can from the senior staff. As well, I give thanks for having this opportunity to be part of creating and selling bags which are loved through the generations.

I hope you will continue to patronize our shop and that this year will be a good year for you.

(リツ子/Ritsuko)

その他の記事一覧
  • 2019.10.10

    令和元年、粟田祭!

    (写真は昨年の様子。担ぎ手みんなでお神輿を頭上にかかげる " 差し上げ " は圧...
  • 2019.09.18

    かばんと r(アール)の関係

    「先輩、このかばんの r(アール)、何でしたっけ?」 「ん?それはコーヒー...
  • 2019.08.09

    <新作>いつもの風景の中に

    早朝、いつもの場所で、たまに見かけるご夫婦らしきお二人。 仲良くならんで歩くそ...
  • 2019.07.25

    <新作>はじめてのおつかい

    斜め掛けをしたポシェットのひもをギュッと握りしめ、緊張した足取りで歩いてゆく、息...
  • 2019.07.17

    愛用かばんNo.56、大解剖!

    私にとって、かばんを選ぶとき大切なこと。 ①「何を入れたいか」 ②「どんなシ...
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...
  • 2019.05.23

    さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

    地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたの...
  • 2019.04.30

    <新作>お客さまとの会話から/ From a conversation with a customer

    今回の新作は、店頭でのお客さまとのお話がきっかけです。 『趣味で色々な所を散策...
  • 2019.04.04

    物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

    京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。 「職員たちが校内で携帯電話な...