カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2018.12.10

おめかししたラッピング/Fancy wrapping

工房のラジオからもクリスマスソング♪ が流れ始めました。
我が家では毎年、パティシエの妻が子供たちのためにクリスマスケーキを焼いてくれます。
去年、そんな妻とケーキに向かって息子が一言・・・
「ボクはお店屋さんで買ったのがいい。」
・・・息子よ、お母さんが作ったケーキがお店屋さんで並んでいるんだよ。そう心の中で呟きました。

そこで今年こそはと、うちの妻。
作ったケーキをわざわざ箱に入れ、華やかにリボンを結び、テーブルに置いてみよう!!と今から意気込んでいます。
息子がどれだけ嬉しそうな顔でリボンをほどいてくれるだろうかと、私たちの心は高鳴るばかり。

一澤信三郎帆布も今年はいつもより、少しおめかししたラッピングをご用意しました!

素敵な恋人へ、愛する家族へ、そしてなにより今年1年頑張った自分へご褒美として、プレゼントを贈ってみてはいかかでしょうか。

The radio at our workshop has begun to play Christmas songs recently.
My wife, who is a professional patissier, bakes a Christmas cake for the children each year.
Last year, however, our son said looking at her and the cake, “I want a cake from a cake shop.”
“Son,” I said in my heart, “your mother’s cakes are sold at cake shops.”

My wife took up the challenge and is determined to beautifully gift wrap the cake this year – it will be put in a box, elaborately tied with a beautiful ribbon and placed on the table as if just brought back from a cake shop. Already our hearts are beating fast as we imagine the look of joy on our son’s face as he unties the ribbon.

This season, Ichizawa Sinzaburo Hanpu is also offering a more fancy wrapping than usual.
How about giving a gift to your sweetheart, your family, or even to yourself as a reward for getting through the year?
(トニー/Tony)

写真上のショルダーバッグ/Shoulder bag in photo above
品 番/Product No.:IS-28
カラー/Color:ワイン麻・青麻・茶麻・生成り麻・緑麻・黒麻(全6色)/Wine red, Ultramarine, Gold-brown Off-white, Deep green, Black (six colors)
サイズ/Size:たて/H 27 × よこ/W 18 × マチなし/without gusset (cm)
価 格/Price:8,000円/yen(税抜/tax excluded)
※綿ロープの長さは調節可/Length of string adjustable

※写真のラッピングは有料(一律200円 / 税抜)となります。/Wrapping bag shown in photo below is 200 yen each (tax excluded)

その他の記事一覧
  • 2019.10.10

    令和元年、粟田祭!

    (写真は昨年の様子。担ぎ手みんなでお神輿を頭上にかかげる " 差し上げ " は圧...
  • 2019.09.18

    かばんと r(アール)の関係

    「先輩、このかばんの r(アール)、何でしたっけ?」 「ん?それはコーヒー...
  • 2019.08.09

    <新作>いつもの風景の中に

    早朝、いつもの場所で、たまに見かけるご夫婦らしきお二人。 仲良くならんで歩くそ...
  • 2019.07.25

    <新作>はじめてのおつかい

    斜め掛けをしたポシェットのひもをギュッと握りしめ、緊張した足取りで歩いてゆく、息...
  • 2019.07.17

    愛用かばんNo.56、大解剖!

    私にとって、かばんを選ぶとき大切なこと。 ①「何を入れたいか」 ②「どんなシ...
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...
  • 2019.05.23

    さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

    地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたの...
  • 2019.04.30

    <新作>お客さまとの会話から/ From a conversation with a customer

    今回の新作は、店頭でのお客さまとのお話がきっかけです。 『趣味で色々な所を散策...
  • 2019.04.04

    物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

    京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。 「職員たちが校内で携帯電話な...