カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2016.10.27

スカッとしたかばん/Sukatto bags

私が入社した頃に、社長の奥さんから聞いた言葉の中で、特に印象に残っている言葉があります。みんなから「大将」と呼ばれていた、先代(故一澤信夫)が、店に並んだうちのかばんを見て、「うまいこと縫ってあるなぁ…うちのかばんはスカッとしてるわ。」とよくつぶやいておられたそうなんです。

当時、「かばんがスカッとしているとはどういうことかな」と、その言葉の意味が気になって、時間を見つけては店内を観察しに行ったことを思い出します。
店の中のかばんを見まわしてみると、決められた色数の生地、縫い始めと縫い終わりがピタリと合う丁寧な縫製、必要に応じて付けられたポケットや金具など、形や色が違ってもある一定のルールの中で作り出されたかばんは、統一感があって見ていて気持ちがいい!確かにスカッとしているなぁと感じました。

私が作っているかばんの中でも 『No.37』 のトートバッグもまた、非常にスカッとしたデザインです。たて、よこのライン、それに平行するように縫い付けられたバンドや底あてがどれも直線的で綺麗です。口元が広く、中の荷物が見やすい上、出し入れがしやすいです。また口元を外に折って使うこともできるので、中の荷物が見えることなく、安心してお使いいただけます。
ちなみに、正面ポケットの下に、バンドを一本横に縫い付けているのですが、この理由はわかりますか?
かばんを肩にかけた時に、このバンドを手で握ると安定するんです。社長からも「うちは余分な飾りは付けへん。付けるんは必ず理由があるんや。」
といつも言われています。

うちの “スカッとしたかばん” たち。ぜひお店でご覧ください。

When I had just joined the company, Emi, our boss’ wife often told me anecdotes about the company, one of which left a lasting impression. She said that the late Nobuo Ichizawa, whom everyone called Taisho (boss), would often be heard talking to himself when looking around at the bags lined up in the shop, “Nicely sewn, nicely sewn. Our bags are looking “sukattto.”

I remember that whenever I had some time, I would go to the store to look at the bags, pondering on what he had meant by “sukatto“.

As I looked around at the bags, I found that they had been made following certain rules, such as a fixed number of colors used, careful and scrupulously aligned sewing, pockets and metal parts added as needed, overall unity and, above all, pleasing to the eye. I realized that our bags were indeed “sukatto“.

Among the bags I make, tote bag No.37 is also very pleasing to the eye (sukatto).
The horizontal and vertical lines, the straps and the bottom sewn to align with the horizontal strip at the bottom are all most aesthetically pleasing. The wide mouth of the bag makes it easy to check what’s inside as well as to put in or take out what you need. The top can also be folded down.
By the way, there is a strap sewn onto the bag just under the front pocket. Do you know why it is there? It’s to prevent the bag from swinging around. Just grip it when the bag is over your shoulder and you can feel the difference immediately.
Shinzaburo always tells us, “We don’t add unnecessary parts. Each part has a reason for being there.”

Please come visit our shop to see our “sukatto” bags.
(板/Ita)

その他の記事一覧
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...
  • 2019.05.23

    さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

    地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたの...
  • 2019.04.30

    <新作>お客さまとの会話から/ From a conversation with a customer

    今回の新作は、店頭でのお客さまとのお話がきっかけです。 『趣味で色々な所を散策...
  • 2019.04.04

    物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

    京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。 「職員たちが校内で携帯電話な...
  • 2019.03.07

    ミンナソラノシタ/Everyone under One Sky (Minna Sora no Shita)

    東日本大震災後、「アートオークション 」など、私たちでできる取り組みに関わってき...
  • 2019.02.13

    父の背中 / My Father’s Back

    写真の製品は No.76 。半紙も折ったりせずに、そのまま入るこの手さげかばんが...
  • 2019.01.17

    抹茶に魅せられて…/Bewitched by Matcha tea…

    生まれ育った台湾を離れ、早や6年。いろいろなご縁があり、今は一澤信三郎帆布の店頭...
  • 2019.01.01

    明けましておめでとうございます!/A Happy New Year!

    明けましておめでとうございます。 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、...
  • 2018.12.10

    おめかししたラッピング/Fancy wrapping

    工房のラジオからもクリスマスソング♪ が流れ始めました。 我が家では毎年、パテ...