カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2016.07.23

キナリスト/Crazy over off-white

わたしは、生成りが好きです。

帆布らしいゴワゴワとした手触り、生地に残ったネップ、本革との相性の良さ。そのまんまの自然な色と風合い。

「白って汚れが目立ちますよねー?」

そうなんです。でも、汚れが見えるからこそ、丁寧に使い、手入れをします。

手洗いするとゴワゴワが少しクタッとして、手やからだに添い、新たな表情を見せてくれます。そして、洗うほどにさら
に白くなってゆくのです。

最終的には、この汚れ方もいい!!と開き直りにも似た感性で、かばんを見つめているわたしもいたり…

ひとつ、またひとつ、とキナリストのかばんは増えてゆきます。まわりの「またキナリ??!」の言葉にもめげません。

だっていまのわたしは、生成り好き。

ふきんとかばんは白がいいと、こっそり心に決めている。

ただ、それだけなのです。

I simply love the natural off-white of canvas. The rough texture and slightly nubby feel of cotton seed hulls woven into the coarse canvas goes well with the leather parts but most of all the sheer simplicity of color and texture is absolutely fantastic.
But wouldn’t white show up stains? Yes, it does which is precisely the reason why they should be taken care of carefully. When the bag is washed, the fabric becomes softer, fitting better to my hands and body, revealing a whole new aspect of the bag. Besides, the more I wash it, the whiter it gets. And as the bag becomes more a part of myself, even the stains become endearing so that I find myself loving the character-giving smudges!”
I keep adding to my collection of natural canvas bags so that people around me say in amazement “Not off-white again?” But that’s all water off a duck’s back because I’m crazy about off-white canvas. To be quite honest, I feel in my heart of hearts that white is absolutely the perfect color for tablecloths and bags. That’s the only reason for my craze.

(風遊/FuYu)

その他の記事一覧
  • 2019.09.18

    かばんと r(アール)の関係

    「先輩、このかばんの r(アール)、何でしたっけ?」 「ん?それはコーヒー...
  • 2019.08.09

    <新作>いつもの風景の中に

    早朝、いつもの場所で、たまに見かけるご夫婦らしきお二人。 仲良くならんで歩くそ...
  • 2019.07.25

    <新作>はじめてのおつかい

    斜め掛けをしたポシェットのひもをギュッと握りしめ、緊張した足取りで歩いてゆく、息...
  • 2019.07.17

    愛用かばんNo.56、大解剖!

    私にとって、かばんを選ぶとき大切なこと。 ①「何を入れたいか」 ②「どんなシ...
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...
  • 2019.05.23

    さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

    地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたの...
  • 2019.04.30

    <新作>お客さまとの会話から/ From a conversation with a customer

    今回の新作は、店頭でのお客さまとのお話がきっかけです。 『趣味で色々な所を散策...
  • 2019.04.04

    物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

    京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。 「職員たちが校内で携帯電話な...
  • 2019.03.07

    ミンナソラノシタ/Everyone under One Sky (Minna Sora no Shita)

    東日本大震災後、「アートオークション 」など、私たちでできる取り組みに関わってき...