カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2014.11.24

チリも積もれば/A penny saved is…

仕事で使う白いえんぴつをこっそりと集めている。いやいや、もちろん新品ではなくて、自分の使い終わった白えんぴつをである。

うちの工房では、生地に線を引いたり印を付けたりする時に、白えんぴつを使っている。職人は白えんぴつをカッターで削り出して、短くなってきたら銀色の補助軸に差し込み、ムダなく使い切るようにしている。

僕が白えんぴつを集めている理由は、「1本の白えんぴつをどこまで使い続けられるのか」というところにある。人それぞれだと思うが、僕の場合、えんぴつの長さが1cmぐらいになるまで、しつこく使い続ける。白えんぴつもここまで短くすると、1本っていうよりむしろ1個と数えたくなるくらいにまで。
実際使いにくくはなっているのだけれど「まだいける」と思い、削れるところまで芯を削り出して使ってしまうのだ。
そうやって若干無理して使っているせいか、「使い終わった」という気持ちよりも「こんなに小さいのが出来た!」という達成感の方が強い。

そうして出来上がったチビえんぴつをコツコツと集め続けて、早5~6年。数えてみたら161個あった。
まさしく「チリも積もれば…」と言いたいところだが、今のところ何の役にも立たないので、残念ながら“ごみの山”である。いっそのことチビえんぴつを「大」の字に並べて、五山の送り火のように燃やしてしまおうか…。いや、それはもったいないので、何かもっと素敵な“山”に変身させてあげたい。例えば、足の裏にフィットするようにチビえんぴつを敷き詰めて…“足ツボ健康ボード”を作るっていうのはどうやろ?ただし、使用後に白い点々が足の裏に付いてしまう欠点はありますが…
う~ん、やっぱりアカンかなぁ。
まぁ、僕の頭じゃこれくらいのアイデアが“関の山”やわ。

I secretly collect white pencils which I use at work. No, not the new ones but the ones that I’ve used.

At our workshop, we use white pencils, which we sharpen with a cutter knife, to draw lines or marks on the cloth. When they get short, we use silver pencil holders so that they can be used to the end.

To tell the truth, the reason why I collect the pencil stubs is because I want to see how far I can use them. It depends on the person but in my case, I doggedly use them until they are 1 cm stubs. They’re not easy to use when they get that short but I think “It’s still got life to it” and sharpen the lead still further. Thus when I have finished with a pencil, I have this tremendous sense of achievement like “Yes, I’ve done it!”

It’s been 5 or 6 years since I started collecting these stubs. When I counted them the other day, there were 161 in total. I could say “A penny saved is…” but since they are pretty useless, they’re like a pile of rubbish. I could arrange them into the Chinese character of “大” ( dai/big) and set fire to them like at the Great Bonfire event in Kyoto. But this would be a waste as I’d like them to be something very special. How about a special pressure-point massage board for the sole of the foot? But the pencils would then leave white dots on the sole, so I guess that’s not such a great idea after all. I have to reluctantly admit that this is as far as my creativity goes.
(K)

その他の記事一覧
  • 2018.10.31

    I ♡ coffee

    みなさん、突然ですが、偏愛するものはありますか? わたしがこよなく愛するも...
  • 2018.09.24

    私たちのピンバッジ/Our badges

    帆布製かばんのイベントで初めてニューヨークを訪れたのが2015年11月。 ...
  • 2018.07.27

    旅するかばん、旅立つかばん/Traveling bags, departing bags

    先日、台湾の澎湖諸島を初めて訪れました。今回の旅に持って行ったのは、毎日通勤...
  • 2018.06.14

    家族とかばん/My family, my bags

    私ごとですが、結婚式を挙げてちょうど2年が経ちました。 妻と二人でこだわり考え...
  • 2018.05.02

    母への想い / My mother

    私の母。小さい頃から美味しいフルーツもケーキも、いつも自分は食べずに兄と私に分け...
  • 2018.04.16

    ツナグ、ツナガル、ツナイデイク。/Connect, to be connected, to continue connecting

    短くなった鉛筆をつなげて、最後まで使いきるためのえんぴつ削り機、『TSUNA...
  • 2018.03.24

    安心をくれるかばん/Comfort blanket? No, comfort bag!

    気がつけば、もう4月。 私は昨年4月に、1年間の育児休暇から職場復帰しました。...
  • 2018.02.02

    店頭限定配色〈 グレー × 紫 〉/New color combination: Gray x Purple (limited to store only)

    この度、店頭限定で新しい配色〈 グレー × 紫 〉がラインナップに加わりました。...
  • 2018.01.25

    愛犬のかばん/Bag for my beloved dog

    昔、氷を運ぶのに使用していた大好きな通称・氷袋No.93を普段使いにしたいと、数...