カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2014.04.26

福島に想いを馳せて/Remember Fukushima

東日本大震災から3年が過ぎました。
震災関連の報道も減り、日常に追われると被災地に想いを馳せることが少なくなってしまっている気がします。
この度、京都のお母さんたちによる福島支援プロジェクト「ミンナソラノシタ」とコラボかばんを製作しました。
一澤信三郎帆布では、チェルノブイリの支援のかばんも7年前に製作しています。
日本で同じような事故が起こるとは誰が想像したでしょうか、、、。黒田征太郎さんの優しいイラストの載ったかばん。
福島の幼稚園が室内に砂場を作るための費用と、子供たちが外遊びの後に使うハンドソープの購入費にあてられます。
福島の幼稚園児たちはまだ1時間しか外で遊べないそうです。お花摘み、落ち葉やどんぐり拾いもできません。
外から帰ったら、先生たちが丁寧に丁寧にハンドソープで子供たちの手を洗います。
福島のお母さんたちは不安を抱えながら、放射能のことはできる限り考えないようにしているそうです。
そうしないと前に進めないから。。。
このかばんが、福島を忘れず、新しい夢や絆が生まれる小さなきっかけとなるよう願っています。
このかばんを使うたびに福島を思い出してください。

※こちらのかばんは一澤信三郎帆布では販売していません。
詳細は「ミンナソラノシタ」

Three years have already passed since the earthquake disaster occurred in the Tohoku area. Today, media coverage has decreased and we rarely think of Fukushima as we go about our daily lives.
Seven years ago, Ichizawa Shinzaburo Hanpu participated in a project in support of the victims of Chernobyl by making special bags for a charity event. Who would have imagined such a terrible incident would also occur in Japan.
Recently, we have also collaborated with the charity project, “Minna Sorano Shita (Everyone under One Sky)”, organized by mothers in Kyoto in support of the children of Fukushima. The bags have the gentle illustrations of Seitaro Kuroda, a popular Japanese illustrator. Through this charity effort, money will be donated to kindergartens for building a sandbox indoors and buying hand soap for the children to use when they come in from outdoors. The children of Fukushima still can’t play outdoors for more than an hour because of the radiation. They can’t gather flowers nor pick up fallen leaves or the tiny acorns. Teachers at the kindergarten wash the children’s hands gently yet thoroughly when they come back from outside. Mothers in Fukushima try as much as they can not to think about the radiation. Although they’re terrified of it in their hearts, they need to push it out of their minds in order to move forward.

We hope that these bags will be a chance for us to keep Fukushima in our minds and serve as the catalyst for new dreams and relationships. Please spare a thought for Fukushima whenever you use these bags.

Please note that these bags are not available at our shop. To purchase, please contact “Minna Sorano Shita”.
(佳/Ka)

その他の記事一覧
  • 2019.07.17

    愛用かばんNo.56、大解剖!

    私にとって、かばんを選ぶとき大切なこと。 ①「何を入れたいか」 ②「どんなシ...
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...
  • 2019.05.23

    さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

    地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたの...
  • 2019.04.30

    <新作>お客さまとの会話から/ From a conversation with a customer

    今回の新作は、店頭でのお客さまとのお話がきっかけです。 『趣味で色々な所を散策...
  • 2019.04.04

    物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

    京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。 「職員たちが校内で携帯電話な...
  • 2019.03.07

    ミンナソラノシタ/Everyone under One Sky (Minna Sora no Shita)

    東日本大震災後、「アートオークション 」など、私たちでできる取り組みに関わってき...
  • 2019.02.13

    父の背中 / My Father’s Back

    写真の製品は No.76 。半紙も折ったりせずに、そのまま入るこの手さげかばんが...
  • 2019.01.17

    抹茶に魅せられて…/Bewitched by Matcha tea…

    生まれ育った台湾を離れ、早や6年。いろいろなご縁があり、今は一澤信三郎帆布の店頭...
  • 2019.01.01

    明けましておめでとうございます!/A Happy New Year!

    明けましておめでとうございます。 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、...