カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2019.08.09

<新作>いつもの風景の中に

早朝、いつもの場所で、たまに見かけるご夫婦らしきお二人。
仲良くならんで歩くその背中には、色違いでおそろいの ” 一澤帆布製 ” のネームタグの付いたリュック。
僕は、その二人を見かける度に、とても温かい気持ちになった。
ある時、ご夫婦のリュックが変わっていた。新しくなったそのリュックは、色違いでおそろいの ” 信三郎帆布 “。
「なんで、またうちのリュックを選んでくれたんだろう…。」ありがたくて、嬉しくて、驚いた。

近頃は、そのご夫婦を見かけることがなくなった。
けれど、もしまたいつか新しいリュックを探しにご来店くださるならば、僕の考案したリュックを手に取っていただけるだろうか。
家族や恋人、そして友達…。かばんを通して、大切な人と ” つながり ” を感じられるような、そんなかばんをこれからも作っていきたい。
そうすることで、僕自身もお客さまと繋がっていられるような、そんな気持ちになれるのだ。
(K)
品 番:R-12
サイズ:タテ44×ヨコ30×マチ16(cm)
色展開:グレー・オリーブ・黒
価 格:30,000円(税抜)

その他の記事一覧
  • 2019.10.10

    令和元年、粟田祭!

    (写真は昨年の様子。担ぎ手みんなでお神輿を頭上にかかげる " 差し上げ " は圧...
  • 2019.09.18

    かばんと r(アール)の関係

    「先輩、このかばんの r(アール)、何でしたっけ?」 「ん?それはコーヒー...
  • 2019.08.09

    <新作>いつもの風景の中に

    早朝、いつもの場所で、たまに見かけるご夫婦らしきお二人。 仲良くならんで歩くそ...
  • 2019.07.25

    <新作>はじめてのおつかい

    斜め掛けをしたポシェットのひもをギュッと握りしめ、緊張した足取りで歩いてゆく、息...
  • 2019.07.17

    愛用かばんNo.56、大解剖!

    私にとって、かばんを選ぶとき大切なこと。 ①「何を入れたいか」 ②「どんなシ...
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...
  • 2019.05.23

    さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

    地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたの...
  • 2019.04.30

    <新作>お客さまとの会話から/ From a conversation with a customer

    今回の新作は、店頭でのお客さまとのお話がきっかけです。 『趣味で色々な所を散策...
  • 2019.04.04

    物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

    京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。 「職員たちが校内で携帯電話な...