カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2020.01.18

#103 えべっさん

関西では、1月10日が「十日ゑびす大祭」です。
京都は四条の南座近くの大和大路に恵比寿神社があります。
面白いのは、恵比寿さんは耳が遠いんで、みんな本殿でお詣りをしてから左の壁に回って、どんどんと叩いて、「えべっさん、聞こえてますか?よろしゅう頼んまっせ。」と声をかけるんです。みんなが強く叩いて壁が壊れてしまったことがあるらしく、「恵比寿様のお肩をたたくお詣りです。ノックをされるように優しく・・。」と書いてあるのもご愛敬です。
恵比寿さんにお詣りに行ったときは、帰りに一杯飲みに寄ってはあかんのです。そこに福を置いてきてしまうんやそうで、福笹を頂いたら道で会った人ともしゃべらんと真っ直ぐ家に福を持って帰らなあかんらしい。
そやから、わたしらは飲み歩いた後に、忘れんと恵比寿さんにお詣りするんで、境内は遅うまでにぎわいます。

うちの氏神さん「粟田神社」にも、伝教大師最澄作と伝えられる、恵比寿さんのええ御神像があるんです。現存する最古の寄せ木造りの恵比寿像なんやそうです。1月9日から11日までご開帳されて、拝ませてもらえます。
平成9年に解体修理されて、平成10年から「出世えびす祭」が始まりました。
その期間は氏子が交代で、恵比寿さんの番をして甘酒をふるまいます。
生姜の入った熱い甘酒は、寒い時期には身体に沁みわたります。
わたしは今年、恵比寿さんの当番もしたんで、えぇ年になりますやろか。
「神頼みせんと、真面目に仕事しいや」と天からの声が聞こえてきそうな・・。

あれ、うちの店のウインドウにも奇妙なえべっさんが!
うちのスタッフは、こんなことには熱心なんです。困ったもんですわ。