カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2019.10.19

#100 ☆番外編 一澤恵美の几帳面な話

いつの間にか『信三郎のええかげんな話』が100回を迎えました。
私(一澤恵美)毎月、毎月、「もうすぐ一か月よ、そろそろ次の話を考えんと。」と、99回も言ってきたんですねえ。
なかなか書く気になれない言い訳は、夏は「暑さで脳ミソが溶けてしもうて、半脳死状態や」、寒い時は「冬ごもり、脳が凍死で休業や」と、なかなか気分が乗りません。おまけに、お酒は365日欠かしませんので(心臓と同じで肝臓も休ませたらあかんそうで??)、すでに脳は「アルチュウーハイマー」になっているかもしれません。
そんな人が毎回こだわることはただ一つ、“ 笑いが入らなあかん ”
この調子で毎月一度書いてもらうのは、本当に大変なんです。
私が下書きをすれば、ぐちゃぐちゃに直されて、「こんなに直すんやったら最初から書けば」と喧嘩のタネになります。
…よくぞ100回も続いたものです。
原稿が何とか出来上がると、俄然スイッチが入ります。写真にはとことん凝るんです。カメラの得意な社員に撮影を頼むんですが、撮った写真を見せるとたいがい「こんなん全然あかんわ」とダメ出しが続きます。
♯73の「永遠のランドセル」では、孫や社員まで駆り出して植田正治さんの写真のオマージュを撮ることになり、写真によく似た衣装や、自転車やおもちゃのピストルまで用意する凝りようでした(本人もこっそり登場しています)。
♯84「ああもったいない」では、自分の気に入った古いシャツを、白川の川面にはためかせたいと、5人の社員が駆り出されて、川に入ってロープの両端を持たされて撮影しました。
“ 仕事もこれぐらい頑張れば ” 、と思うこともありますが、こんなことが元気の秘訣でしょうか。
さて、101回目は、何を書くのでしょうか。
「えー、まだ続けなあかんのかぁ」と、隣でぼやきが・・。