カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2019.07.11

#97 ちょいワルなTシャツ

京では、蒸し蒸しする梅雨の時期が終わると、うだるような猛暑の到来です。
今年も恒例のTシャツを職人たちに配布する季節がやってきました。市販のモノではつまらんので、毎年、社内でTシャツのデザインを募集します。
我こそはと思う者が応募してくれればええんで、いつもデザインが集まるのは20人ぐらいかな。今年は職人の息子さんや奥さんも絵を描いて応募してくれました。
それこそ、出来はピンからキリまでやけど、みんなの頭のトレーニングやと思ってるんです。どのデザインにするかは、何人かの意見は聞きますが、ほぼ私の直感で、面白うてインパクトのあるもの、そして僅かなりともうちの店らしさが漂うものを選びます。

今回は、二人の職人のデザインを少しいじって、前と後ろで合作にしました。実は、私もほぼ毎年衰えた脳ミソに刺激をと、出しゃばって参戦します。
脳ミソのガラガラの引き出しを開けてヒント探しです。熱中し過ぎると、目をつぶると天井に図案が浮かんだりするんです。
私のデザインの出来が良うて(?)私のだけを選んでしまうと、身贔屓になってもあかんので、度々2種類作ることになってしまう。果たしてええのか悪いのか・・・。みんなは喜んでいるやろうけどなあ。
実は、私は今年の2月に古希になってしもうて、悪友から生まれ年の赤ワインをもらいました。早速、仲間たちと「70年前のワインもまだまだいけるなあ」と喜んで飲み干して、しげしげと空のワインのラベルを眺めていると、ピンとひらめいたんです。そやそや、製造年はうちの創業年に、ラベルはかばん、製造地はKYOTO・・と次々とアイデアが浮かんできました。伊達に年くってへんなあ、と独りごちて、Tシャツのデザインが完成しました。
周りには、それぞれの国の人に「かばん」を意味する文字を書いてもろうて散りばめました。
何とか出来上がったのが、写真のちょいワルなTシャツ。
お恥ずかしいんですが、気に入ってくれはる方があれば、店頭のみで初めてちょこっと販売してみようかなと思ってるんです。