カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2019.03.23

#93 麻帆布かばんの誕生秘話

麻帆布のかばんを作り始めたのは、30年ほど前のことです。
倉庫を整理していてくすんだ緑色の麻の反物をうちの人が見つけて、「この色面白い!自分用のかばんを作って欲しい」と言い出したんが最初です。
うちのおやじの話によると、その反物で第二次大戦中に、兵器の覆い(カバー)や、軍艦の大砲の覆い、吊り床(ハンモック)などを作って軍に納めていたらしい。
綿帆布と違うて、麻には麻独特の風合いがあっておもろいなあと、復刻してみようと思いました。
綿帆布の染めを頼んでいる工場に相談すると、麻帆布を染めたことはないんで、うまくいくかなあ・・、と思案顔でした。まず最初に、高価なため今は自衛隊にしか納めてへんという厚手の麻帆布を染めてみました。もう少し打ち込みの強い麻帆布はないかと、京都の麻問屋に尋ねると、ヨーロッパで織っている麻の生地を持ってきてくれました。それを使って緑色、ワイン色、茶色、黒色、青色など、敢えて綿帆布と違う色を染めました。青色はこだわって、葛飾北斎の “ 凱風快晴 ” の空の色に染めてもろたんです。
そやけど、ええ麻帆布を継続して手に入れるんは、ホンマに難しいことでした。
ヨーロッパで織った生地は、異原糸が混じっていたり、織り傷も多いんです。均質に織って欲しいんやけど、麻はリネン(亜麻)という靭皮繊維(じんぴせんい・茎の内側にある柔らかい内皮)やから少々の傷は当たり前やと言うのがあちらさんの言い分です。スエズ運河が封鎖されて積み込んだ船が通れへんので、長いこと麻帆布が届かへんこともありましたなあ。
その後、時代の波でアイルランドやベルギーあたりで麻帆布を織っている工場が次々と廃業して、なかなか満足のいく麻帆布を手に入れることが難しくなりました。

その後、ヨーロッパから麻糸を輸入して、国内の工房で織ってもらえるようになって、ようやく満足のいく麻帆布が手に入るようになってひと安心。
麻帆布は使うほどに柔らこうなって、体になじんで実にええ風合いになります。
使い込んでええ味に育ててやってください。
私は性格はいたって柔らかいんやけど、年を重ねても古うなるだけで、なかなか居住まいと物腰に風格は出まへんなあ・・・。
ちなみに、亜麻(リネン)は ‘ 大麻 ’ とは別物ですので、ご安心のほど。