カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2019.01.23

#91 ちょっとええ話

先日、うちの店のアルバイトで、フロリダから日本語を勉強しに来ているデシ君が青い顔して出勤してきました。鴨川堤を自転車で走っていて大事な財布を落としたんやそうです。
その財布には、家賃を払うべくおろしたばかりのお金や、クレジットカード、在留カードも全て入れていて、どうしたらええのか途方に暮れてました。
在留カードは常に携帯しておくもので、失うとえらいことらしい。取りあえず交番に届け出たんやけど、以前の「ええかげんな話」で日本の警察はアメリカと違ってとても優しいと言っていたデシ君。警察官は親切に話を聞いてくれて、落し物の書類を作ってくれたらしいけど、心は晴れへん。もとからそんなに余分にお金があるようでもないし、デシ君、困ったことになったなあと思っていました。
そしたら、数日後、財布が見つかったとの連絡があって、お金も全て無事やったそうです。交番からは「1割ぐらいお礼をするのが普通やけど、取りあえず拾った人に直接お礼の電話をするように」と言われたそうや。
デシ君が電話すると、拾ってくれたのはやや年配の男性で、「お礼の電話だけで充分や、謝礼は要らんで」と言われたデシ君は唖然! まず警察官の親切な対応に驚き、次に財布が、お金も何もかも全て入ったまま戻ってきたことに感激、そして拾った人から謝礼も請求されなかったことに大感銘。「アメリカでは警察官が取り合ってくれないし、お金が戻ってくることもない。日本は本当に良い国。ずっと日本に住みたい」とのこと。

もう一つ、うちの孫の落し物の話。
先日、京阪電車で居眠りをして焦って降りようとした時、リュックにぶら下げていた定期券が、ドアに挟まり、車内に落ちてそのまま電車が持って行ってしもうたそうな。漫画みたいな話やけど、私に似てしもうたのか、このぼーっとした孫は、以前にも電車に財布を落としたことがあったそうで、駅員さんに定期券のことを説明すると、〇〇君やねと、すぐにわかられたみたいなんです。翌日の早朝6時半ごろに駅員さんから家に電話があって、「見つかったので、今日使えるように、駅の改札に預けておきます」とのこと。普通やったら、遠くの落とし物センターまで取りに行かなあかんらしいのに、なんと親切な。
日本人は今なお、ええとこあるなぁ。
デシ君も孫も、“ 財布は落としてもこれからのええ運は落とさんようにな!!”