カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2018.09.17

#86 閑話休題 ②


今回は、うちの人と私の親父(おやじ)の話です。
親父は「社長」と言う柄やないからと、自分のことを「大将」と呼ばしてました。
雑学でようしゃべる親父で、しゃべりだすと、またおんなじ話やと、私はあんまり真面目に聞いてへんかった。
その分、うちの人がよういろんな話を聞かされてました。
「面白すぎてどこまでが本当の事かわからない・・・」と笑うて聞いてましたが・・。
以下は、うちの人が聞かされた親父の話です。

「 “ ちょうちん・から傘 ” ってわかるか? 私の婆(バ)-ルフレンドのことや。ちょうちんは横にスジがあるやろ、から傘は縦にスジがある、縦も横もしわだらけっちゅうことや」

「 “ 夏ハマ ”・・わかるか?、夏のはまぐりは、身が腐って貝は腐らん・・つまり、見ぃくさって買いくさらん、見るだけで買わへんちゅうことや」
骨董屋はんに入る時は、「 “ 夏ハマ ” ですさかい」言うて、「見るだけやけど、かまへんかいなあ」と言うて入るんや。


「 “ 風呂屋の釜 ” はな、“ 湯だけ ”・・・つまり “ 言うだけ ” や」

ある日、宝石のカタログを見ていて、うちの人に「どれが欲しい?」と聞くので、喜んで、「これ」と指さすと、その部分をじょきじょきハサミで切って「 はぃ 」と渡してくれたそうです。 

親父は、山のテントやリュックを作っていましたが、自分では山に登ったこともなく、運動も全くせぇへんので、たまにはウォーキングやラジオ体操でもしてみたらどうやと言うと、
「 “ 足腰を鍛え鍛えて癌になり ” と言う川柳知ってるか? 走って長生きできるんやったら、江戸時代の飛脚がまだ生きてるはずやろう」と、煙に巻いてました。

だんだん足腰が弱って歩きづらくなると、「口は達者やから、口で歩けたらなあ」と訳のわからんことも言うてたらしい。

「歳をとるのはええことやで。百歳になったら “ 烏(カラス)は白い ” と言うてもええのや、何でもありや」と常々言ってたそうです。
残念ながら百歳までは生きられず、「烏は白い」とは言えまへんでした。