カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2019.04.04

物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。
「職員たちが校内で携帯電話などを入れて使うかばんを探しています」とのこと。自然災害、不審者などへの対応…先生たちが、緊急で携帯電話を使う機会は増える一方だそうです。
子どもたちが元気に過ごす当たり前の日常があるのは、先生たちのおかげだと実感します。

いろいろとご相談し、コンパクトなS-02小をお作りしました。かばんを納品した後、校長先生からメールが届きました。
「88歳で他界した私の父は府立高校の地学の教師でしたが、化石や岩石の採集に行く際に、ポケットがたくさんついた帆布製の丈夫なかばん(下写真)に、ハンマーやメガネなどを入れて出かけていました。子どもの時の記憶ですが、一澤帆布製の文字が入っていたような気がします。残念ながら、かばんは手元には残っていません。しかし、父が帽子とかばんを持って意気揚々と出かける姿、家族旅行の折に、必ずコースに入っていた火山地帯(笑)を歩くときに、肩に丈夫なかばんをかけていた姿が思い出されます。一澤さんには親子でお世話になっているなぁとしみじみ考えていました。
『かばんには、物だけでなく思い出も入っている』そんな気がしています。」

こんな有り難いメールを、うちの社長の奥さんに見せたところ、
「私の高校の地学の先生が、校長先生と同じ苗字…。もう50年近く前になるけど。手品がお上手で、思い出に残るとても優しい良い先生だったわ。でもそんなことまさかねえ。」
まさかのまさか。社長の奥さんの地学の先生は、なんと校長先生のお父様でした!

日常の片隅にうちのかばんが存在し、何気ない記憶に残っているところにつながる、不思議なご縁。
今回かばんをお作りした小学校の児童たちが、いつの日か街でうちのかばんを見かけた時に、ふと先生たちを思い出す…そんなこともあるかも知れません。
「物だけでなく、思い出も入るかばん」。そんなかばんを作り続けたいです。

The principal of an elementary school in Kyoto visited our shop saying that the teachers at his school were looking for a bag for their cell phones and other items while at work. It appears that occurrences such as natural disasters and reports of suspicious persons in the school neighborhood are on the rise and therefore increasingly necessary for teachers to have a cellphone on hand in case of emergencies. That the students are able to spend carefree days at school is thanks to the teachers’ vigilance I thought.

After discussing various designs, we finally agreed on the compact S-02(Small) bag. When the bags were delivered, we received an e-mail from the principal. He wrote, “My father, who passed away at 88, was a geology teacher in a prefectural high school. When he went out to collect fossils and rocks, he put a hammer, his glasses, etc. in a stout bag (photo below) made of canvas which had many pockets. It’s a vague childhood memory but I seem to remember that “Ichizawa” was on the bag. Unfortunately, I no longer have the bag. However, I still remember that my father would always be in high spirits with his hat on head and bag on shoulder as he went fossil hunting. Even on family vacations, he would somehow manage to include excursions to volcanic areas. I feel as if Ichizawa Hanpu has been looking out for both father and son. I truly feel that bags not only contain things, they also memories.”

When I showed this email to our owner’s wife, she said, “My high school geology teacher has the same last name as the principal. But it’s been almost 50 years since. He was so good at magic, I have many lovely memories of this kind and wonderful teacher. But it can’t possibly be the same teacher, can it?” Fate, however, plays a curious game and her high school geography teacher turned out to be the principal’s father!

Our bags exist in the periphery of people’s everyday lives, and are linked to subconscious memories which lead to strange and fabulous coincidences.

Perhaps years from now, the school children will see our bags and remember their teachers for whom we made the bags. Definitely not an impossibility.

We wish to continue making bags that not only serves as receptacles of things but also of memories.

(佳/Ka)

(写真右)今でも作り続けている地化学用のかばん
品番:No.1
価格:16,500円(税抜)
色 :11色展開

その他の記事一覧
  • 2019.04.04

    物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

    京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。 「職員たちが校内で携帯電話な...
  • 2019.03.07

    ミンナソラノシタ/Everyone under One Sky (Minna Sora no Shita)

    東日本大震災後、「アートオークション 」など、私たちでできる取り組みに関わってき...
  • 2019.02.13

    父の背中 / My Father’s Back

    写真の製品は No.76 。半紙も折ったりせずに、そのまま入るこの手さげかばんが...
  • 2019.01.17

    抹茶に魅せられて…/Bewitched by Matcha tea…

    生まれ育った台湾を離れ、早や6年。いろいろなご縁があり、今は一澤信三郎帆布の店頭...
  • 2019.01.01

    明けましておめでとうございます!/A Happy New Year!

    明けましておめでとうございます。 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、...
  • 2018.12.10

    おめかししたラッピング/Fancy wrapping

    工房のラジオからもクリスマスソング♪ が流れ始めました。 我が家では毎年、パテ...
  • 2018.10.31

    I ♡ coffee

    みなさん、突然ですが、偏愛するものはありますか? わたしがこよなく愛するも...
  • 2018.09.24

    私たちのピンバッジ/Our badges

    帆布製かばんのイベントで初めてニューヨークを訪れたのが2015年11月。 ...
  • 2018.07.27

    旅するかばん、旅立つかばん/Traveling Bags, Departing Bags

    先日、台湾の澎湖諸島を初めて訪れました。今回の旅に持って行ったのは、毎日通勤...