カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2018.09.24

私たちのピンバッジ/Our badges


帆布製かばんのイベントで初めてニューヨークを訪れたのが2015年11月。
その時滞在したホテルで、ふと目に留まったのがホテルスタッフの胸についていたバッジ。よく見ると、ボビンや物差しなどいろいろな道具の形。なぜかと尋ねると「ここは元縫製工場だったんだ。これは僕たちの名札みたいなものだよ」と笑顔の素敵なスタッフ。
ここで社長のひと言「おもろいなあ。何とかして記念にもろうて来て!」
フロントのスタッフさんに負けない大和撫子の微笑で頼み込んで、見事にゲット。

帰国後、私たちも面白いオリジナルバッジを作ろうと、職人が普段仕事で使っている道具たちをデザイン画にして、社長の知り合いを通じて、東京の御徒町(おかちまち)の鋳物職人の工房に送りました。
ここからが日本の職人の腕の見せどころ。ミシンやはさみの細かな形状や、かばんの縫い目まで忠実に再現して、イメージ通りの精巧なピンバッジが1年かけて出来上がりました。
社長が「これでこのはさみが切れたらなあ」というほどの出来栄え。
私たちの胸もとやかばんの上で、誇らしげに輝いています。

It was in November 2015 that we visited New York for the first time to hold an event of our canvas bags.
At the hotel we stayed, I noticed the hotel staff wore a badge which were in the shape of various tools, such as a bobbin and a ruler. When I asked why the badges were in such shapes, he smiled and answered “Because this building used to be a sewing factory. These are something like our name badges.”
Then our boss, Shinzaburo said “That’s interesting. Couldn’t we find some way to get one?”
So, I asked him to give us the badge with a bigger smile than his, and luckily, I got it.

After we returned to Japan, we started a project to make our own nice badge. We drew a design picture of tools that our craftsmen use daily, and sent it to a casting workshop in Okachimachi, Tokyo through an acquaintance of our boss.
Then, craftsmen at the workshop showed their skills. They depicted exact shapes of a sewing machine and scissors in detail, and even seams of a bag. It took one year to complete the exquisite badge just as we imagined.
The work was so excellent, that our boss even said “If this pair of scissors were actually usable, it would be perfect.”
Now, the badges are glittering proudly on the front of our clothes, and on our bags.

(Sachi)


品番/Product No.:A-50 ピンバッジ
色/Colors :アンティックゴールド/Antique Gold・シルバー/Silver
価格/Price:¥5,000(税抜/tax excluded)

その他の記事一覧
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...
  • 2019.05.23

    さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

    地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたの...
  • 2019.04.30

    <新作>お客さまとの会話から/ From a conversation with a customer

    今回の新作は、店頭でのお客さまとのお話がきっかけです。 『趣味で色々な所を散策...
  • 2019.04.04

    物だけではなく、思い出も入るかばん/Not only things but also memories

    京都の、とある小学校の校長先生が来店されました。 「職員たちが校内で携帯電話な...
  • 2019.03.07

    ミンナソラノシタ/Everyone under One Sky (Minna Sora no Shita)

    東日本大震災後、「アートオークション 」など、私たちでできる取り組みに関わってき...
  • 2019.02.13

    父の背中 / My Father’s Back

    写真の製品は No.76 。半紙も折ったりせずに、そのまま入るこの手さげかばんが...
  • 2019.01.17

    抹茶に魅せられて…/Bewitched by Matcha tea…

    生まれ育った台湾を離れ、早や6年。いろいろなご縁があり、今は一澤信三郎帆布の店頭...
  • 2019.01.01

    明けましておめでとうございます!/A Happy New Year!

    明けましておめでとうございます。 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、...
  • 2018.12.10

    おめかししたラッピング/Fancy wrapping

    工房のラジオからもクリスマスソング♪ が流れ始めました。 我が家では毎年、パテ...