カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2017.09.25

ハレの日のお誂えかばん/Custom-ordered bag on a ceremonial day

私事でたいへん恐縮ではありますが、今年の2月に結婚式を挙げました。式までの準備期間は約三ヶ月。式場の見学、細々した打ち合わせ、招待状の作成に、式中のBGMまで…決めなければならないことは山ほどあります。少しでもおもてなしができるようにと、いろいろ悩みに悩んだ準備期間でしたが、ひとつ、真っ先に決まっていたことがあります。
それは、“うちのかばんを引き出物にする” こと。

私達夫婦は、どちらも四国出身。遠方から来てくださる方も多いため、かばんに引き菓子やお土産を入れて持って帰っていただくことも考えました。その後も長く使っていただけて実用的。何より京都で作られた特別なかばんです。熨斗紙は構造上包めなかったので、かばんの内側にシルクスクリーン印刷してもらうことにしました。

職人が工房でトントンと木槌を振りミシンを踏んで、一つ一つ丁寧に作られていくそのかばん達。間近にその光景を見て、結婚式当日までいよいよだなとお腹にグッと力が入り、あらためて身の引き締まる思いでした。

いよいよ式当日。入念に準備していたこともあり、大きな問題もなく進み、引き出物のかばん達も、ゲストの皆様をしゃんと背筋を伸ばして迎えてくれました。トラブルといえば、私が初めの挨拶で噛んでしまったこと…
結婚式は、普段言えない感謝の気持ちを素直に伝えることができる、特別な日。かばんと共に、お越しいただいた方々に感謝が伝わったでしょうか。
この日を胸に、これから何年も何十年も穏やかな日々を過ごせるように支え合い、かばんと共に年月を重ねていきたいと思います。

Excuse me for being personal, I had a wedding in February this year. I had about three months to prepare for the wedding. During the period, I went to look at a wedding ceremony hall, held a lot of meetings, made a letter of invitation, and even chose music at the ceremony, and so on. I had to decide a lot of things and had quite a tough time, but I had one thing that I had decided before anything else.
That is, “to give our bag as a gift for guests at the wedding.”

We are both from Shikoku, far from Kyoto. Not a few guests had to make a long journey for the wedding, so I thought it would be nice that I could put other gifts in the bag so that the guests would bring them back easily. And the bag could be used also after the wedding, so it would be a fairly useful gift. Above all, it was a special bag made in Kyoto. Because of its shape, we couldn’t wrap the bag by noshi-gami (Japanese traditional gift wrapping paper), so we decided to print noshi-decoration by a silk screen on the inside of the bag.

Our craftsmen made each bag carefully, swinging a wooden hammer and treadling a sewing machine. Seeing the scene closely, I realized the wedding was close at hand, and felt tension and determination again.

At last, on the very day of the wedding, since we were better-prepared, the ceremony went well without any major trouble. The gift bags also welcomed the guests with their back straight. Well, I could say that it would be a trouble that I muffed my lines at the opening speech.
The wedding day is a special day in which we can express honestly our gratitude that we don’t show in everyday life. I wonder whether my gratitude was conveyed with the bag, to people who came the wedding.
I will remember this memorable day in mind, and spend years with the bag, supporting each other to live tranquilly for years and years.
(かじさん/Kaji-san)

その他の記事一覧
  • 20171211_ec
    2017.12.11

    手作りのウィンドウディスプレイ

    先日、店舗のウインドウディスプレイが新しくなりました。今回のテーマは「うちのもの...
  • 20171012_ec
    2017.11.22

    〈七宝文様〉新色 青ねず×パールピンク/New shippo-pattern colors: blue-gray with pearl pink

    この度、定番の七宝文様の季節限定色が発売になりました。 人気の青ねず色に、パー...
  • 20171102_ec
    2017.11.03

    【新作】こだわりのタテ型トート/New item – Vertically long tote bag

    「シンプルで肩から掛けられる、大きめのタテ型トートはありませんか?」 店頭で、...
  • 20170921_ec
    2017.09.25

    ハレの日のお誂えかばん/Custom-ordered bag on a ceremonial day

    私事でたいへん恐縮ではありますが、今年の2月に結婚式を挙げました。式までの準備期...
  • 20170902_ec
    2017.09.06

    【新作】吊り下げるかばん/New item –reinvented nail/tool pouch

    ひと昔前は、しばしば大工さんや大道具さんの釘入れや、警察官の鑑識袋などの “ 腰...
  • 20170821_ec
    2017.08.21

    【新作】いつも持ち歩くかばん/New! My bag, my partner

    私がいつも必ず持ち歩くもの。 お財布、カードケース、鍵、スマートフォン、リップ...
  • 20170726_ec
    2017.07.26

    かばんを修理するということ/Repairing bags

    「一澤信三郎帆布では修理を受け付けています。」 簡単なようで、とても重たい...
  • 20170630_ec
    2017.06.29

    愛され続けるかばんの本/A book about well-loved bags

    この度、一澤信三郎帆布の本ができました。 社長の「ええかげんな話」でもご紹...
  • 20170605_ec
    2017.06.07

    復刻『No.30』/Revival of No.30

    うちのかばんは、綿帆布、麻帆布などの天然素材でできており、どちらかと言うとカジュ...