カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2017.07.26

かばんを修理するということ/Repairing bags


「一澤信三郎帆布では修理を受け付けています。」
簡単なようで、とても重たい言葉。それは製品作りに自信があるからこそ言えると思っています。
売れてしまったらそこで縁が切れるモノでは言えない言葉。何年、何十年と使い込まれたかばんでも、出来る限りの責任を取るということなのです。そして、素材にたしかなものを使っている証でもあります。

クタクタになるまで使い込まれたかばんが修理で戻ってきた時には、作り手としてとても嬉しく感動します。
しかし一方で、持ち主の歴史が詰まったかばんを、傷めないように丁寧にひと目ずつ糸をほどき、間違えのない修繕をしてお返しするというプレッシャーで、いつも緊張します。
正直、時間も手間もかかりますが、やりがいがあり、好きな仕事です。
近頃はモノを修理して使うということが少なくなってきていますが、“ 気に入ったものを修理して大事に長く使う ” これってとても素敵なことだと思います。
一澤信三郎帆布では、常時修理を受け付けています。
クタクタになったかばん、手放してしまう前に一度ご相談ください。

“We accept requests for repairs.”
It sounds simple, but is very serious statement. I believe that we can say it because we have confident in quality of our products.
We can’t say that for products that we don’t care after we sell. This statement means that we bear the responsibility as much as possible even for bags that were used for years and decades. Moreover, it also affirms that we use good reliable materials for our products.

When a worn and torn bag used for a long-used bag returns to us for repairs, I’m very glad and impressed as a craftsperson.
On the other hand, I always feel pressure from treating properly the bag, which is overflowed with history with the owner. I have to unsew carefully one stitch by one, not to damage the bag, repair correctly, and give it back to the owner.
To tell the truth, it takes a lot of time and effort, yet it is a fulfilling job and I like it.
These days, more and more people don’t bother to repair goods to use longer. Still, I think it is nice to use favorite goods for a long time by repairing.
We accept requests for repairs at any time.
Before you give up on your old worn bag, please contact us to see if it can be repaired or not.
(NT)

△ このかばんは、40年以上前にお父さんがお母さんにプレゼントしたかばん。今は修理をし、娘さんの旦那さんが仕事で使ってくれているそうです。/This is a bag that a father gave to a mother. Now it’s been repaired, and a husband of their daughter is using it for work.

△ お父さんが小学生から学生時代を通して使い、その後、息子さんに引き継がれたかばん。息子さんは中学生から使い始めたそうです。先日修理でお預かりし、持ち手を取り替えました。息子さんは、現在大学生ですが、今なおかばんは現役で活躍中です。/A bag that had been used by a father in his school days, and after that, was handed over to his son. The son began to use it when he was in junior high school. Some days ago, we received it to repair, and replaced the straps. The son is a college student now, and still using this bag.

その他の記事一覧
  • 20171211_ec
    2017.12.11

    手作りのウィンドウディスプレイ

    先日、店舗のウインドウディスプレイが新しくなりました。今回のテーマは「うちのもの...
  • 20171012_ec
    2017.11.22

    〈七宝文様〉新色 青ねず×パールピンク/New shippo-pattern colors: blue-gray with pearl pink

    この度、定番の七宝文様の季節限定色が発売になりました。 人気の青ねず色に、パー...
  • 20171102_ec
    2017.11.03

    【新作】こだわりのタテ型トート/New item – Vertically long tote bag

    「シンプルで肩から掛けられる、大きめのタテ型トートはありませんか?」 店頭で、...
  • 20170921_ec
    2017.09.25

    ハレの日のお誂えかばん/Custom-ordered bag on a ceremonial day

    私事でたいへん恐縮ではありますが、今年の2月に結婚式を挙げました。式までの準備期...
  • 20170902_ec
    2017.09.06

    【新作】吊り下げるかばん/New item –reinvented nail/tool pouch

    ひと昔前は、しばしば大工さんや大道具さんの釘入れや、警察官の鑑識袋などの “ 腰...
  • 20170821_ec
    2017.08.21

    【新作】いつも持ち歩くかばん/New! My bag, my partner

    私がいつも必ず持ち歩くもの。 お財布、カードケース、鍵、スマートフォン、リップ...
  • 20170726_ec
    2017.07.26

    かばんを修理するということ/Repairing bags

    「一澤信三郎帆布では修理を受け付けています。」 簡単なようで、とても重たい...
  • 20170630_ec
    2017.06.29

    愛され続けるかばんの本/A book about well-loved bags

    この度、一澤信三郎帆布の本ができました。 社長の「ええかげんな話」でもご紹...
  • 20170605_ec
    2017.06.07

    復刻『No.30』/Revival of No.30

    うちのかばんは、綿帆布、麻帆布などの天然素材でできており、どちらかと言うとカジュ...