カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2017.07.26

かばんを修理するということ/Repairing bags


「一澤信三郎帆布では修理を受け付けています。」
簡単なようで、とても重たい言葉。それは製品作りに自信があるからこそ言えると思っています。
売れてしまったらそこで縁が切れるモノでは言えない言葉。何年、何十年と使い込まれたかばんでも、出来る限りの責任を取るということなのです。そして、素材にたしかなものを使っている証でもあります。

クタクタになるまで使い込まれたかばんが修理で戻ってきた時には、作り手としてとても嬉しく感動します。
しかし一方で、持ち主の歴史が詰まったかばんを、傷めないように丁寧にひと目ずつ糸をほどき、間違えのない修繕をしてお返しするというプレッシャーで、いつも緊張します。
正直、時間も手間もかかりますが、やりがいがあり、好きな仕事です。
近頃はモノを修理して使うということが少なくなってきていますが、“ 気に入ったものを修理して大事に長く使う ” これってとても素敵なことだと思います。
一澤信三郎帆布では、常時修理を受け付けています。
クタクタになったかばん、手放してしまう前に一度ご相談ください。

“We accept requests for repairs.”
It sounds simple, but is very serious statement. I believe that we can say it because we have confident in quality of our products.
We can’t say that for products that we don’t care after we sell. This statement means that we bear the responsibility as much as possible even for bags that were used for years and decades. Moreover, it also affirms that we use good reliable materials for our products.

When a worn and torn bag used for a long-used bag returns to us for repairs, I’m very glad and impressed as a craftsperson.
On the other hand, I always feel pressure from treating properly the bag, which is overflowed with history with the owner. I have to unsew carefully one stitch by one, not to damage the bag, repair correctly, and give it back to the owner.
To tell the truth, it takes a lot of time and effort, yet it is a fulfilling job and I like it.
These days, more and more people don’t bother to repair goods to use longer. Still, I think it is nice to use favorite goods for a long time by repairing.
We accept requests for repairs at any time.
Before you give up on your old worn bag, please contact us to see if it can be repaired or not.
(NT)

△ このかばんは、40年以上前にお父さんがお母さんにプレゼントしたかばん。今は修理をし、娘さんの旦那さんが仕事で使ってくれているそうです。/This is a bag that a father gave to a mother. Now it’s been repaired, and a husband of their daughter is using it for work.

△ お父さんが小学生から学生時代を通して使い、その後、息子さんに引き継がれたかばん。息子さんは中学生から使い始めたそうです。先日修理でお預かりし、持ち手を取り替えました。息子さんは、現在大学生ですが、今なおかばんは現役で活躍中です。/A bag that had been used by a father in his school days, and after that, was handed over to his son. The son began to use it when he was in junior high school. Some days ago, we received it to repair, and replaced the straps. The son is a college student now, and still using this bag.

その他の記事一覧
  • 2018.09.24

    私たちのピンバッジ

    帆布製かばんのイベントで初めてニューヨークを訪れたのが2015年11月。 ...
  • 2018.07.27

    旅するかばん、旅立つかばん/Traveling bags, departing bags

    先日、台湾の澎湖諸島を初めて訪れました。今回の旅に持って行ったのは、毎日通勤...
  • 2018.06.14

    家族とかばん/My family, my bags

    私ごとですが、結婚式を挙げてちょうど2年が経ちました。 妻と二人でこだわり考え...
  • 2018.05.02

    母への想い / My mother

    私の母。小さい頃から美味しいフルーツもケーキも、いつも自分は食べずに兄と私に分け...
  • 2018.04.16

    ツナグ、ツナガル、ツナイデイク。/Connect, to be connected, to continue connecting

    短くなった鉛筆をつなげて、最後まで使いきるためのえんぴつ削り機、『TSUNA...
  • 2018.03.24

    安心をくれるかばん/Comfort blanket? No, comfort bag!

    気がつけば、もう4月。 私は昨年4月に、1年間の育児休暇から職場復帰しました。...
  • 2018.02.02

    店頭限定配色〈 グレー × 紫 〉/New color combination: Gray x Purple (limited to store only)

    この度、店頭限定で新しい配色〈 グレー × 紫 〉がラインナップに加わりました。...
  • 2018.01.25

    愛犬のかばん/Bag for my beloved dog

    昔、氷を運ぶのに使用していた大好きな通称・氷袋No.93を普段使いにしたいと、数...
  • 2018.01.01

    新年のご挨拶 2018

    あけましておめでとうございます。 昨年は皆さまにご愛顧いただき、誠にありが...