カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2017.05.09

お母さんの “牛乳さん”/A “milk-san” for all mothers

底がまんまる、ステッチの入ったポケットが特徴的なNo.68、愛称、牛乳かばん。私は、”牛乳さん” と呼んでいます。
名前の由来は、牛乳瓶を運ぶためのかばんが原型だったからで。その昔、ポケットは補強のための当て布、持ち手はロープでしたが、一般向けに改良して今の形に。ちなみにさらに進化させたものが、No.168(中)H-04(中)です。※詳細は「私たちの定番かばん」でご紹介しています。
私のグレーの牛乳さんは、使用歴17年ほどになります。私は、この数年で2人の子供を出産し、働くお母さんの仲間入りをしました。牛乳さんは使い勝手が良く、通勤とママバッグ兼用で毎日大活躍です。底が丸く自立するので、お弁当や水筒も倒れず、細々したものの出し入れもスムーズ。
子どもとお出かけする時は、玩具や絵本、着替えなどをぽいっぽい。かばんからひょっこりお人形さんが見えたりしても、とても可愛いです。

これから先も私の変化にずっとそっと寄り添ってくれる、そんなかばん。母になった私が、仕事に、家族のために、毎日一生懸命な世のお母さんたちに是非使ってもらいたいのが、この牛乳さんなのです。

A rounded bottom and a stitched pocket are the characteristics of No.68, known as the “milk bag”. I affectionately call it “milk-san”.
The reason why it is called a milk bag is that it originated as a bag for carrying milk bottles. At that time, the bag’s pocket was a patch of material to reinforce the bag and ropes used as handles. It was remodeled into its present form to appeal to the general public. By the way, No.168(M) and H-04(M) are the further improved models and are introduced in “Trivia of Our Standard Products” page.
My grey “milk-san” has been with me for about seventeen years. I have had two babies in the past several years, and have become a working mother. Milk-san is very convenient and so I use it every day both for work and as a “mother’s” bag. It’s wide round bottom enables it to stand by itself so when it has a lunchbox and a water bottle in it, they don’t fall over and I can put in and take out anything I wish without any problem.
When I go out with my children, I toss in toys, picture books, and their clothes. Even when it is overstuffed and a doll is peeking out from the bag, it is a lovely looking bag.

It is the bag that will accompany me through the various changes I undergo in the years to come. The bag I wish all hard working mothers, who give their very best to their families, to have and use is milk-san.

(toki)

その他の記事一覧
  • 20170821_ec
    2017.08.21

    【新作】いつも持ち歩くかばん

    私がいつも必ず持ち歩くもの。 お財布、カードケース、鍵、スマートフォン、リップ...
  • 20170726_ec
    2017.07.26

    かばんを修理するということ/Repairing bags

    「一澤信三郎帆布では修理を受け付けています。」 簡単なようで、とても重たい...
  • 20170630_ec
    2017.06.29

    愛され続けるかばんの本/A book about well-loved bags

    この度、一澤信三郎帆布の本ができました。 社長の「ええかげんな話」でもご紹...
  • 20170605_ec
    2017.06.07

    復刻『No.30』/Revival of No.30

    うちのかばんは、綿帆布、麻帆布などの天然素材でできており、どちらかと言うとカジュ...
  • 20170509_ec
    2017.05.09

    お母さんの “牛乳さん”/A “milk-san” for all mothers

    底がまんまる、ステッチの入ったポケットが特徴的なNo.68、愛称、牛乳かばん。私...
  • 20170420_ec
    2017.04.24

    【新作】キーケース/A new item – key case

    息子が通っていた幼稚園では、送り迎えの時に保護者が門を開けるために、一人ひとりに...
  • 20170322_ec
    2017.03.22

    卒業かばん/Graduation bag

    “ ん?うちのかばんだけども...うちでは見かけない配色?!” 学生ア...
  • 20170217_ec
    2017.02.17

    持ってエコ!/Eco-friendly bag

    『持ってエコ!』 かわいい本田望結ちゃんが「DO YOU KYOTO?」とプリ...
  • 20170206_ec
    2017.02.06

    美しきかな17E/Beautiful 17E

    しばらく在庫切れだったI-06(05)が久しぶりに店頭に並んだ日、私はそのかばん...