カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2017.03.22

卒業かばん/Graduation bag


“ ん?うちのかばんだけども…うちでは見かけない配色?!”

学生アルバイトの、Kさん。
ある日、珍しい色の組み合わせのかばんを手に出勤してきてくれました。たずねてみると、10年ほど前に、京都の御所南小学校の卒業記念品として贈られたものだそうです。

H-05(03)型。何度も相談を重ね、持ち手と本体の色を変え完成した、保護者の方の想いが詰まった特別なかばん。今ではくったりと馴染み、柔らかな風合いでKさんに寄り添っています。

「もらったときは、PTAの方から “ 6年生のために作った特別なかばんです。” と言われても、正直ピンときませんでした。色もなんとなく地味だったし 笑。それでも気づけば中学の塾通いの時はいつも傍にいましたし、大学生になってももちろん現役です。今となっては、本当に良いものをいただいたと感謝しています。アルバイトの縁もこのかばんが結んでくれたのかもしれません。」

このかばんの内側には、学校名がプリントしてあります。さりげなく、でも少し誇らしげに見えるのは、たくさんの方々の想いが込められているからでしょうか。
荷物の出し入れに開いたとき、学校名を見て懐かしくホッとしたり、ちょっと励まされたり。そんな瞬間が、この卒業かばんにはきっとあるのではないか…Kさんとかばんを見ながらそう感じました。
「いつか傷んだら、修理をして長く長くいつまでも使い続けたいと思います!」
保護者の方々の想いは、かばんとともに10年という時間を経て、今Kさんにきちんと届いています。

“Hmm? That’s one of our bags, but the color combination isn’t.”

One day, Ms. K, a student part-time staff, came to work with a bag that had an unusual color combination. I asked her about it, and she said that it was given to her as a graduation memento by Gosho-Minami Elementary School in Kyoto about ten years ago.

It was a custom-made version of our H-05(03) bag. At the time of its making, parents got together many times to discuss the particulars of the bag and finally settled for different colors for the handle and the body. It was a really special bag that overflowed with the various dreams and expectations the parents had for their children. Now the fabric is softer with use and is more “her”.

“When I first received it, it didn’t really appeal to me though the PTA said, ‘It is a special bag made just for you, the sixth-grade students.’ I also thought the color was a little too somber. However, when I went to cram school as a junior high student and also at university, it was always in my hand. Now, I can truly appreciate what a special gift the school had given me. Perhaps this bag has also lead me to find part-time work here.”

The name of the school is printed on the inside of the bag. It’s unobtrusive yet has a look of pride. This is because it reflects the feelings of the many people who had a hand in its making, I think.

When Ms. K opens it to put in or take out something, she sees the school name, and feels alternately comforted and encouraged as it brings back a flood of happy memories.

“When someday it is worn out, I’d like to bring it in for repairs so I can continue to use it for a long time!”

The feelings of the parents have reached her through her use of the bag for ten long years.
(Fuyu/風遊)

その他の記事一覧
  • 20171012_ec
    2017.11.22

    〈七宝文様〉新色 青ねず×パールピンク

    この度、定番の七宝文様の季節限定色が発売になりました。 人気の青ねず色に、パー...
  • 20171102_ec
    2017.11.03

    【新作】こだわりのタテ型トート/New item – Vertically long tote bag

    「シンプルで肩から掛けられる、大きめのタテ型トートはありませんか?」 店頭で、...
  • 20170921_ec
    2017.09.25

    ハレの日のお誂えかばん/Custom-ordered bag on a ceremonial day

    私事でたいへん恐縮ではありますが、今年の2月に結婚式を挙げました。式までの準備期...
  • 20170902_ec
    2017.09.06

    【新作】吊り下げるかばん/New item –reinvented nail/tool pouch

    ひと昔前は、しばしば大工さんや大道具さんの釘入れや、警察官の鑑識袋などの “ 腰...
  • 20170821_ec
    2017.08.21

    【新作】いつも持ち歩くかばん/New! My bag, my partner

    私がいつも必ず持ち歩くもの。 お財布、カードケース、鍵、スマートフォン、リップ...
  • 20170726_ec
    2017.07.26

    かばんを修理するということ/Repairing bags

    「一澤信三郎帆布では修理を受け付けています。」 簡単なようで、とても重たい...
  • 20170630_ec
    2017.06.29

    愛され続けるかばんの本/A book about well-loved bags

    この度、一澤信三郎帆布の本ができました。 社長の「ええかげんな話」でもご紹...
  • 20170605_ec
    2017.06.07

    復刻『No.30』/Revival of No.30

    うちのかばんは、綿帆布、麻帆布などの天然素材でできており、どちらかと言うとカジュ...
  • 20170509_ec
    2017.05.09

    お母さんの “牛乳さん”/A “milk-san” for all mothers

    底がまんまる、ステッチの入ったポケットが特徴的なNo.68、愛称、牛乳かばん。私...