カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2017.03.22

卒業かばん/Graduation bag


“ ん?うちのかばんだけども…うちでは見かけない配色?!”

学生アルバイトの、Kさん。
ある日、珍しい色の組み合わせのかばんを手に出勤してきてくれました。たずねてみると、10年ほど前に、京都の御所南小学校の卒業記念品として贈られたものだそうです。

H-05(03)型。何度も相談を重ね、持ち手と本体の色を変え完成した、保護者の方の想いが詰まった特別なかばん。今ではくったりと馴染み、柔らかな風合いでKさんに寄り添っています。

「もらったときは、PTAの方から “ 6年生のために作った特別なかばんです。” と言われても、正直ピンときませんでした。色もなんとなく地味だったし 笑。それでも気づけば中学の塾通いの時はいつも傍にいましたし、大学生になってももちろん現役です。今となっては、本当に良いものをいただいたと感謝しています。アルバイトの縁もこのかばんが結んでくれたのかもしれません。」

このかばんの内側には、学校名がプリントしてあります。さりげなく、でも少し誇らしげに見えるのは、たくさんの方々の想いが込められているからでしょうか。
荷物の出し入れに開いたとき、学校名を見て懐かしくホッとしたり、ちょっと励まされたり。そんな瞬間が、この卒業かばんにはきっとあるのではないか…Kさんとかばんを見ながらそう感じました。
「いつか傷んだら、修理をして長く長くいつまでも使い続けたいと思います!」
保護者の方々の想いは、かばんとともに10年という時間を経て、今Kさんにきちんと届いています。

“Hmm? That’s one of our bags, but the color combination isn’t.”

One day, Ms. K, a student part-time staff, came to work with a bag that had an unusual color combination. I asked her about it, and she said that it was given to her as a graduation memento by Gosho-Minami Elementary School in Kyoto about ten years ago.

It was a custom-made version of our H-05(03) bag. At the time of its making, parents got together many times to discuss the particulars of the bag and finally settled for different colors for the handle and the body. It was a really special bag that overflowed with the various dreams and expectations the parents had for their children. Now the fabric is softer with use and is more “her”.

“When I first received it, it didn’t really appeal to me though the PTA said, ‘It is a special bag made just for you, the sixth-grade students.’ I also thought the color was a little too somber. However, when I went to cram school as a junior high student and also at university, it was always in my hand. Now, I can truly appreciate what a special gift the school had given me. Perhaps this bag has also lead me to find part-time work here.”

The name of the school is printed on the inside of the bag. It’s unobtrusive yet has a look of pride. This is because it reflects the feelings of the many people who had a hand in its making, I think.

When Ms. K opens it to put in or take out something, she sees the school name, and feels alternately comforted and encouraged as it brings back a flood of happy memories.

“When someday it is worn out, I’d like to bring it in for repairs so I can continue to use it for a long time!”

The feelings of the parents have reached her through her use of the bag for ten long years.
(Fuyu/風遊)

その他の記事一覧
  • 20170509_ec
    2017.05.09

    お母さんの “牛乳さん”

    底がまんまる、ステッチの入ったポケットが特徴的なNo.68、愛称、牛乳かばん。私...
  • 20170420_ec
    2017.04.24

    【新作】キーケース/A new item – key case

    息子が通っていた幼稚園では、送り迎えの時に保護者が門を開けるために、一人ひとりに...
  • 20170322_ec
    2017.03.22

    卒業かばん/Graduation bag

    “ ん?うちのかばんだけども...うちでは見かけない配色?!” 学生ア...
  • 20170217_ec
    2017.02.17

    持ってエコ!/Eco-friendly bag

    『持ってエコ!』 かわいい本田望結ちゃんが「DO YOU KYOTO?」とプリ...
  • 20170206_ec
    2017.02.06

    美しきかな17E/Beautiful 17E

    しばらく在庫切れだったI-06(05)が久しぶりに店頭に並んだ日、私はそのかばん...
  • 20161210_ec
    2017.01.10

    相棒10年目/Partners for ten years

    写真上:左からR−05小・R-05大 毎日、毎日。 お天気の日はもちろん...
  • 2170101_sec
    2017.01.01

    新年のご挨拶

    あけましておめでとうございます。 旧年中は、格別のお引き立てを賜り、誠にあ...
  • 20161205_ec
    2016.12.05

    そしてサンタは…。/And then, Santa Claus …

    気付けば12月。今年もクリスマスシーズンの到来です。 わたしはクリスチャンでは...
  • 20161028_ec
    2016.10.27

    スカッとしたかばん/Sukatto bags

    私が入社した頃に、社長の奥さんから聞いた言葉の中で、特に印象に残っている言葉があ...