カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2016.12.05

そしてサンタは…。/And then, Santa Claus …

気付けば12月。今年もクリスマスシーズンの到来です。
わたしはクリスチャンではありませんが、街の明るさや、音楽になんとなく心が浮き足立ってくる…そんな雰囲気があります。

小さい頃、みなさんのお家にはサンタクロースがやってきましたか?
昔は、クリスマス前になると、新聞に必ずおもちゃ屋さんの広告が入っていて、兄と2人で目を輝かせながら眺めたものです。そして、入念に欲しいものを選んでサインペンでぐるぐると印をつけ、窓辺に置いて就寝。

そして、目覚めた朝…
サンタは現れなかったのです。

母にどうしてと詰め寄ると、“ 理由は2つ ”。
①煙突が汚くて、サンタが入れない。(うちは五右衛門風呂…)
決定的な理由は、2つ目にありました。
②うちはお寺だから。

それ以上何も聞けなかった、物わかりの良いような悪いような、あの頃のわたし。
大人になった今、可笑しな思い出も胸に、クリスマスという行事を超えて、大切な人へ1年のありがとうを贈りたいと思っています。

シンプルで長持ち。
華やかさはないけれど、傍にあるとホッとする、肩の力を抜いていいよとそっと教えてくれる、そんなかばんたちです。
みなさんの大切なプレゼント選びの時間。スタッフが店頭にて、じっくりとお手伝いさせていただきます。お気軽にお声がけください。
(風遊)

(写真上)IS-09 小
(写真下)左:H-32、右:30

I can’t believe it’s already December and it’s the Christmas season!
Although I’m not a Christian, the bright lights of the city and the music makes my heart skip and a sense of anticipation begins to bubble up within me.

When you were a child, did Santa Claus come to your home?
As for myself, as Christmas drew near, newspapers always came with advertisements of toy shops. My brother and I used to look at them with shining eyes. We poured over the ads and carefully chose what we wanted, circling the coveted toy many times with a magic marker and put the advertisement by the window and went to sleep.

The next morning, full of anticipation and excitement, we would discover that Santa Claus had not come.

I pressed my mother for answers. She said, “There are two reasons.”
1) Our chimney was too dirty for Santa Claus to come down. (We used an old-style Japanese bath that was fueled by wood.) And the decisive reason was the second.
2) Our home was a Buddhist temple.

I couldn’t ask for more reasons. Was I being a reasonable child, or a bamboozled one?
Now that I am a grown-up, Christmas is not just an event or a funny childhood memory. It is a time when I would like to give my loved one a gift with gratitude for the past year.

These bags are simple and durable.
They are not fancy or eye-catching but they somehow ease our minds as if they are gently telling us that we can take off our armors and relax.
When choosing your important presents, please feel free to ask the shop staff for assistance as we would love to help you choose the perfect gift.
(Fuyu)

(Picture above) IS-09 small
(Picture below)Left: H-32, Right: 30

その他の記事一覧
  • 20170821_ec
    2017.08.21

    【新作】いつも持ち歩くかばん

    私がいつも必ず持ち歩くもの。 お財布、カードケース、鍵、スマートフォン、リップ...
  • 20170726_ec
    2017.07.26

    かばんを修理するということ/Repairing bags

    「一澤信三郎帆布では修理を受け付けています。」 簡単なようで、とても重たい...
  • 20170630_ec
    2017.06.29

    愛され続けるかばんの本/A book about well-loved bags

    この度、一澤信三郎帆布の本ができました。 社長の「ええかげんな話」でもご紹...
  • 20170605_ec
    2017.06.07

    復刻『No.30』/Revival of No.30

    うちのかばんは、綿帆布、麻帆布などの天然素材でできており、どちらかと言うとカジュ...
  • 20170509_ec
    2017.05.09

    お母さんの “牛乳さん”/A “milk-san” for all mothers

    底がまんまる、ステッチの入ったポケットが特徴的なNo.68、愛称、牛乳かばん。私...
  • 20170420_ec
    2017.04.24

    【新作】キーケース/A new item – key case

    息子が通っていた幼稚園では、送り迎えの時に保護者が門を開けるために、一人ひとりに...
  • 20170322_ec
    2017.03.22

    卒業かばん/Graduation bag

    “ ん?うちのかばんだけども...うちでは見かけない配色?!” 学生ア...
  • 20170217_ec
    2017.02.17

    持ってエコ!/Eco-friendly bag

    『持ってエコ!』 かわいい本田望結ちゃんが「DO YOU KYOTO?」とプリ...
  • 20170206_ec
    2017.02.06

    美しきかな17E/Beautiful 17E

    しばらく在庫切れだったI-06(05)が久しぶりに店頭に並んだ日、私はそのかばん...