カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2016.10.14

粟田祭2016/Awata Festival, 2016

京都には本当に数多くのお祭りがあり、関東出身の私にとっては新鮮で、驚きの連続です。その京都のお祭りの一つに「粟田祭」というお祭りがあります。
京都の東山区にある粟田神社で、毎年10月に催されるお祭りです。粟田神社は貞観十八(876)年の創建で、我が社の氏神さまでもあります。
お祭りに欠かせないのが、神輿渡御です。現神輿会の会長がうちの社長であることもあり、毎年職人や店のスタッフも地元の氏子と一緒になって、お神輿を担ぎます。会社を挙げての一大イベントの粟田祭、お神輿を担ぐメンバーとして今年初めて参加しました。
神輿経験ゼロの私にとって、慣れない足袋や晒しに法被姿、神輿の想像以上の重さ、担ぎ手交代時のルール、休憩時の各所で受ける接待等など…。
神輿を通した経験全てが日本人ながらにして、これが日本の文化か、とカルチャーショックの連続でした。

青蓮院の勅使門(上写真)の階段を、皆で登りきった後の一体感や、神輿を担いでいた時に湧き上がる高揚感。今でも忘れることができません。疲労困憊で未だに肩はズキズキと痛みますが、また来年も!と思っている自分に、また驚きを感じるのでした。

Kyoto has so many festivals! I find them absolutely thrilling and so novel as I am from the eastern part of Japan.
There is one festival called Awata-matsuri that is very special. It is held in October, at Awata Shrine in Higashiyama ward, Kyoto. The shrine was founded in 876, and enshrines our company’s tutelary deity!
Carrying the portable shrine is the essence of the festival. Because our boss, Shinzaburo, serves as the leader of the association of the portable shrine, our craftsmen and staff carry the portable shrine on their shoulders together with shrine parishioners at the festival every year. It is one of the major events of our company. This year, I took part in the festival for the first time as a carrier of the portable shrine.
As I have never experienced carrying a portable shrine, everything was a culture shock even though I am Japanese. This included wearing the unfamiliar tabi (Japanese split-toe socks) and happi coat, as well as the portable shrine being much heavier than I imagined, the rules when fresh carriers take over the shrine load, the seemingly endless stream of refreshments offered at every rest stop and on and on and on.
I remember clearly the singular feeling of unity I had with the other carriers when we finally reached the top of the stairs leading to Chokushi-mon gate (upper photo) at Shorenin Temple, and the exhilarating high of carrying the portable shrine. My body is still full of aches and pains but I surprise even myself when I catch myself thinking of taking part in the festival next year!
(Suzu)

その他の記事一覧
  • 20170821_ec
    2017.08.21

    【新作】いつも持ち歩くかばん

    私がいつも必ず持ち歩くもの。 お財布、カードケース、鍵、スマートフォン、リップ...
  • 20170726_ec
    2017.07.26

    かばんを修理するということ/Repairing bags

    「一澤信三郎帆布では修理を受け付けています。」 簡単なようで、とても重たい...
  • 20170630_ec
    2017.06.29

    愛され続けるかばんの本/A book about well-loved bags

    この度、一澤信三郎帆布の本ができました。 社長の「ええかげんな話」でもご紹...
  • 20170605_ec
    2017.06.07

    復刻『No.30』/Revival of No.30

    うちのかばんは、綿帆布、麻帆布などの天然素材でできており、どちらかと言うとカジュ...
  • 20170509_ec
    2017.05.09

    お母さんの “牛乳さん”/A “milk-san” for all mothers

    底がまんまる、ステッチの入ったポケットが特徴的なNo.68、愛称、牛乳かばん。私...
  • 20170420_ec
    2017.04.24

    【新作】キーケース/A new item – key case

    息子が通っていた幼稚園では、送り迎えの時に保護者が門を開けるために、一人ひとりに...
  • 20170322_ec
    2017.03.22

    卒業かばん/Graduation bag

    “ ん?うちのかばんだけども...うちでは見かけない配色?!” 学生ア...
  • 20170217_ec
    2017.02.17

    持ってエコ!/Eco-friendly bag

    『持ってエコ!』 かわいい本田望結ちゃんが「DO YOU KYOTO?」とプリ...
  • 20170206_ec
    2017.02.06

    美しきかな17E/Beautiful 17E

    しばらく在庫切れだったI-06(05)が久しぶりに店頭に並んだ日、私はそのかばん...