カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2015.06.17

うちのかばんらしさとは。/What is Ichizawa-style?

左から、S-05中S-05大S-05小
今年は110周年。
このショルダーバッグが生まれて、半世紀以上。
くるりと回して留める金具「ヒネリ」、差し色にもなっているフタのふちどり、「箱ポ(はこポ)」と工房では呼んでいる箱のような形のポケットが特徴です。
そして、バンドの根もとについた本革や、直線・直角ですっきりした輪郭、うちのかばんらしさが詰まったショルダーバッグです。
毎日見ているとこの「顔」が当たり前のように思えてくるのですが、うちのかばんを「好き」と言ってもらえるのは、こういうところなのかなぁと気付きます。

「同じものを!」と何度も何年もこの形を使い続けてくださる方もおられます。
私が父の日にプレゼントしたこのかばんを、数年経った今も父親は毎日愛用してくれています。
そういえば、「母の日」と違って、なんだか忘れられがちな「父の日」は、今週の日曜日ですね。(笑)
うちのかばんは、いろいろなところにお伴し、いろんな景色を見ているんだなぁと羨ましく思ったりするのですが、今日もそんなお客様の未来の「相棒」を作っています。

It’s our 110th anniversary and it’s been more than a half century since the shoulder bag, the S-05 series, has been made available to our customers.

Its distinctive features are the metal catch that turns to lock the front flap in place, the big box-like pocket to which it is attached, the vari-colored piping that adds a touch of chic, the leather parts at the strap base and its sheer simplicity of design.

My father is still using the bag I gave him on Father’s day many years ago.
I sometimes envy our bags because they travel far and wide with our customers as if they were their partners, enjoying different sceneries and views. And so thinking, my hands move to make the “partners” of our customers.
(YAJI)

その他の記事一覧
  • 2020.01.01

    明けましておめでとうございます

    明けましておめでとうございます。 旧年中は、多くのお客さまにご愛顧いただき...
  • 2019.12.27

    ありがとうございます。

    いつも国内外、各地からのご来店、誠にありがとうございます。 「よし行こう!」と...
  • 2019.11.08

    となりのかばんは青い(黒い)?

    うちの会社の職人やスタッフが実際に使っているかばんが気になることがよくあります。...
  • 2019.10.10

    令和元年、粟田祭!

    (写真は昨年の様子。担ぎ手みんなでお神輿を頭上にかかげる " 差し上げ " は圧...
  • 2019.09.18

    かばんと r(アール)の関係

    「先輩、このかばんの r(アール)、何でしたっけ?」 「ん?それはコーヒー...
  • 2019.08.09

    <新作>いつもの風景の中に

    早朝、いつもの場所で、たまに見かけるご夫婦らしきお二人。 仲良くならんで歩くそ...
  • 2019.07.25

    <新作>はじめてのおつかい

    斜め掛けをしたポシェットのひもをギュッと握りしめ、緊張した足取りで歩いてゆく、息...
  • 2019.07.17

    愛用かばんNo.56、大解剖!

    私にとって、かばんを選ぶとき大切なこと。 ①「何を入れたいか」 ②「どんなシ...
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...