カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

スタッフ便り

2015.05.22

110th Anniversary 新作かばんシリーズ①/New Products Part①

月に1度行われている、新製品の試作。
その日は、提案した職人や販売スタッフたちが思い思いに、新作のかばん作りに励んでいます。
創業110周年を盛り上げるべく、新作3点を先日より店頭に並べています。3回にわたり、提案者本人の声をお届けいたします。第1弾はリュックのご紹介です。

【製品番号:R-11】
お客様から「リュックの種類を増やしてほしい」というご要望は、以前からよく耳にしていました。
“荷物がたっぷり入って手さげとしても使えるリュックを作りたい” という、長年温めていた私の個人的な想いもずっとありました。今回、ようやく形にすることが出来ました。
製作にあたって特にこだわったところは、前ポケットです。あえてフタを付けず、単行本や新聞などが必要な時にすぐに取り出せる構造にしました。ペットボトルまで入ります。また、手さげとして使用する時に、背負いバンドが地面に着かない仕様にしました。私には小さい子供もいるので、両手が使えるリュックタイプのかばんは、やはり便利です。

Every month our company holds a special meeting to make prototypes of new products. Our craftspeople really knuckle down to it, turning their ideas or those reflecting customers’ requests or needs into reality.
Prototypes need to undergo a number of trial-use with staff members trying them out to ensure their usability before they are ready for the shop. To further heighten our 110th anniversary, some new products will make their debut all together!
We asked the craftspeople, who had designed them, what made them so special. Their zeal and commitment to their work will be introduced in the next three blogs. First of all is backpack R-11.

“Many customers wanted more choices in our lineup of backpacks. I had been wanting for a long time to make a backpack which could carry a lot of things and which could also be used as a tote-bag. The most important point was the front pocket. I purposely did not put a flap because I wanted to make it easier to take out books and newspapers. It’s also large enough to store a 500 cc PET bottle. When used as a tote-bag, it’s designed so that the shoulder straps don’t drag on the ground. When you have children, a backpack is the best way to keep your hands free”

(片桐/Katagiri)

品番:R-11
価格/Price:¥19,000(税抜/tax excluded)
寸法/Size:タテ(H)40xヨコ(W){上/Upper35/下Bottom26}xマチ(D)11cm
色/Color:オリーブ(オリーブ)/Olive-green(Olive-green)、青ねず(紺)/Blue-gray(Navy)、レンガ(グレー)/Light-brown(Gray)

その他の記事一覧
  • 2019.11.08

    となりのかばんは青い(黒い)?

    うちの会社の職人やスタッフが実際に使っているかばんが気になることがよくあります。...
  • 2019.10.10

    令和元年、粟田祭!

    (写真は昨年の様子。担ぎ手みんなでお神輿を頭上にかかげる " 差し上げ " は圧...
  • 2019.09.18

    かばんと r(アール)の関係

    「先輩、このかばんの r(アール)、何でしたっけ?」 「ん?それはコーヒー...
  • 2019.08.09

    <新作>いつもの風景の中に

    早朝、いつもの場所で、たまに見かけるご夫婦らしきお二人。 仲良くならんで歩くそ...
  • 2019.07.25

    <新作>はじめてのおつかい

    斜め掛けをしたポシェットのひもをギュッと握りしめ、緊張した足取りで歩いてゆく、息...
  • 2019.07.17

    愛用かばんNo.56、大解剖!

    私にとって、かばんを選ぶとき大切なこと。 ①「何を入れたいか」 ②「どんなシ...
  • 2019.06.07

    父のかばん/My father’s bag

    実家に使い古された、S-05大がある。父のかばんだ。 いつあげたのだろう…おそ...
  • 2019.05.23

    さっぽろ東急百貨店の井田さん/Mr. Ida of Sapporo Tokyu Department Store

    地方の百貨店で催事をするなんて思いもしなかった20年ほど前に、突然店に来られたの...
  • 2019.04.30

    <新作>お客さまとの会話から/ From a conversation with a customer

    今回の新作は、店頭でのお客さまとのお話がきっかけです。 『趣味で色々な所を散策...