カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2019.05.18

#95 一黙

私は四代目ということになってますが、うちの初代(嘉永6年生まれのひい爺さん)は、西洋かぶれの新しいもん好きの男やったらしいんです。以前に、一澤さんと言う同じ名字の方が訪ねてきはって、お互い遠い親戚やないかと言う話になりました。その方のご先祖のお墓には、勘当された人の名前が削られているらしく、それがどうもうちのひい爺さんらしいんや。いったい何をしでかしたんやろう?

実は、もう新しくなってしもうたんですが、うちの墓は何とも不思議な墓でした。なんでもひい爺さんがセメントを持ってきて自分で墓を作ったらしい。墓には花柄のタイルが何枚も貼り付けてあって、真ん中にはハープの形の金属が打ち付けられてました。
二代目が96歳で天寿を全うした時、その墓に入れようと思ったら、納骨する入り口を作り忘れてたんで、私の親父が、これでは後々困るやろうと、止むなく墓を新しくしたそうです。
今になれば、風変わりなひい爺さんの手作りも残しておけばよかったのになあ。
ハープは、その頃にひい爺さんが組織してた「京都バンド」という楽隊のシンボルマークでした。当時オーケストラ元祖と名乗っていたのか、私のひい婆さんの写真に「オーケースタラ元祖」の文字が印刷されているんです。

この頃は、残された者が困らんように、樹木葬や合祀を選ばはる人が増えているらしい。
私も、うちは娘二人やし、墓にはこだわりがないんですが、先年、子のいない叔父が亡くなり、昵懇にしている和尚から墓地を分けてもろうて、墓を作りました。
仰々しい墓は苦手です。墓碑は蓮の一片の花びらの形にして、名字の代わりに、和尚に頼んで禅語を墨書してもろうて、その一語を彫ることにしました。楽しみに待っていたその一語は『 一黙 』・・・多くのことを喋るより沈黙がまさっているということ。

ええ墓になったなあと、独り言ちていますが、うちの人が一緒に入ってくれるかどうか・・、その時はその時やなあ。

維摩の「一黙は雷の如し」。
「維摩居士」は釈迦の弟子の一人で、仏教の教理について、釈迦の弟子たちが議論していた時に、文殊菩薩は文字や言葉では言い表せないといい、その後に意見を求められた維摩は、何も語ろうとせずに教えを態度で示したという故事から。