カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2018.04.25

#81 ゴリラと人間

京都市立芸術大学の学長の鷲田清一さんと、京都大学の総長の山極寿一さんとの対談が「都市と野生の思考」(集英社)と言う本になっています。
おもろいなーと思ったのは、ゴリラと人間に共通するリーダーシップの話です。
松下幸之助さんが社員にリーダーの条件を三つあげたそうです。
まずは愛嬌、二つめは運が強そうなこと、三つめが後ろ姿やそうです。
愛嬌とは、まわりをハラハラさせるけどなぜか憎めない、まわりにいる人に、私が見てあげないと、と言う気持ちにさせる。
運の強そうな人と言うのは、その人のそばいると、なんだかすべてがうまくいきそうな気になる人。
後ろ姿のかっこいい人は、背中だけで見ている人の想像力を掻き立て、まわりの人をアクティブにさせる、ものすごくかっこいいリーダーなんやそうです。
それが全部、ゴリラのリーダーに当てはまるってほんまにおもろいなあ。
オスのゴリラは巨体で200キロを超えるんやけど、その力を抑制できるんで、みんなが安心して寄ってくる。本当は強いんやけどそれを抑えていることができる、それが愛嬌なんやそうです。
ゴリラの運が強そうというのは、そばにいると大丈夫だということ。胸をどんどん叩いてドラミングして、まわりを威圧すると、彼のそばにいれば安心ということになる。
そして、ゴリラのリーダーは群れの先頭を歩いて絶対に振り返らない。背中で語ってるんやなあ。
私は裁判運(?)も無かったし、備わってるのは、わずかに愛嬌だけや。まわりにほっとけへんと思われて、ここまで来られたんやと、しみじみ思います。
後ろ姿も自信ないけど・・、後ろ姿だけは鷲田清一さんと似てるのは、ご愛敬です。
さて、このツーショット、どちらが鷲田はんで、どちらが私の後ろ姿でしょう?
よう似た頭ですが、中身は格段の違いがありますなあ。