カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2018.01.18

#77 狛犬はん


今年は、戌年。
私の年賀状は、狛犬を木版で彫ってみました。お気に入りの狛犬を参考に彫ったんですが、下手さ加減が、ご愛嬌です。

狛犬とは、神社の入り口に奉納された、「獅子・狛犬」が始まりで、口を開いて角のない「阿像」が獅子を表し、口を閉じて角のある「吽像」が狛犬を表しているんやそうです。
インド・ガンダーラを経由して中国に入り、遣唐使が獅子像として持ち込み、今の阿吽の形式になったとか。今では、どちらも狛犬と呼んでいるようです。
阿像の狛犬はんの表情は、“呵々大笑”しているようで、いかめしい中にも心を和ませるものが多いんです。
神社で頻繁に目にするものは、石造りですが、古い狛犬は木造です。
写真の狛犬は室町時代のものやろうと言われてますが、どこで生まれて、どこを渡り歩いて私のもとに来たんやろう。尋ねてみたいもんです。

もう1枚の写真は、焼き物の狛犬です。友人の陶芸家の辻村史朗はんの初期の作品で、彼が自分で山中に古材と漆喰で建てた茶室の入り口を、長いこと守ってました。それが、かれこれ20年ほど前になるんかな、うちの人が余程欲しそうに見ていたらしく、辻村はんが「これ持ってけ」と手渡してくれたもんです。石の塊のようなのに、阿吽の狛犬に見えるのが、なんとも不思議やなあ。
今もうちの狭い玄関を守ってくれてます。
私より断然、存在感と可笑しみがあって頼りになる狛犬はんです。