カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2017.12.19

#75 おもろいなー

だんだん年とともに、おもろいなと思うことが減ってきたような気がします。
たまに映画を観に行きますが、残念ながら近頃は映画の中でしか夢を見られへんのです。えらいこっちゃ。おもろいことがなくなってしもうたら、人生終わりやのに・・。
毎朝、事務所で短い朝礼をします。朝礼というと大層やけど、それぞれの連絡事項のほかに、私が見たこと、聞いたこと、印象に残ったことをぼちぼちしゃべります。
もちろん、私のおしゃべりをみんな真面目に聞いてくれるんやけど、おもろいと思って聞いてくれるのか、なんとなく聞き流すのかでは、えらい違いやと思うんです。
例えば「昨日どこそこに行ってきた」と話して、「そこ知ってるか?」と聞いてみる。関心を示さんもんは、あんまり他のことも知らんし、行ってみようともしない。知らないけど、興味を持って行ってみようと思う社員は、他の話題にも食いついてくる気がします。
店に生けてる花も、その名前も覚えへんし、興味がなければ枯れてもそのまま。季節ごとに、その時期に似合うた絵や書に掛け替えてることも、興味のないもんは、知らんままです。額縁がゆがんでても直すこともありません。
そう言えば、新聞を取ってへん社員も多いんやけど、新聞には話題が満載。読んでみれば、好きなことだけでなく、いろんなことに関心を持つきっかけになるんやないかな。こんなことを積み重ねていけば、感性が鋭くなり、かばんを作るセンスも磨かれると思ってるんです。
“ おもろいなー ” の気持ちを持ち続けることが、若さの秘訣やと思って、これからもせいぜいおもろいこと、探そう。
そやそや、得体の知れんけったいな人にも出会おう。