カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2017.08.23

#71 知ってる店


京都では若い料理人が次々と出てきて、新しく店を構えるんで、この頃は、とんと知らん店が増えました。
私も昔から通うてる店が何軒かあって、しばらく行かんと忘れられそうなんで、たまに「生きてるか」「こっちもなんとかかんとか息してるで」と言うつもりで、ぶらりと寄ります。そんな処がいくつかあるんで、そこをぐるぐる回ってると、話題の店はなかなか開拓できません。
わたしは人見知りなんで、初めての店には、なかなかいきなり入れません。
京都人はたいがい我が儘で、今日こんなもん食べたいなあと思ったら、その日に食べたいんで、何か月も前から予約して行くのは、ほんまに苦手です。そやから、“ 予約の取りにくい店 ” にはなかなか行けへんのです。
そういえば、東京の人は、行ったことがある店を「知ってる店」と言わはるようですが、私らが「知ってる店」と言うのは、そこの家族のことも、ええことも悪いことも、大将の女癖のことも知ってて、初めて「知ってる店」言うんです。

たまに馴染みの店のカウンターに坐って、まずはハーフ&ハーフを呑んでからマスターと、たわいもないことをしゃべって帰ります。そこのカウンターでよう逢う人でも、お互いに名乗り合うこともあらへんので、長いこと名前も知らんで、何をしてる人かわからんままに、今に至ってる人もいてはります。
そこでは、肩書が大事にされることもないのがええんやろうね。
私は名刺に、いろんな役職やら肩書やら、これでもかと書き込んでいる人は、どちらかと言えば苦手なんです。
もうこの歳になったら、気を使わんと好き勝手にいこうと思ってます。
うちの人には、「昔から好き勝手にしてるんとちがう?」と言われてますが・・。