カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2017.05.15

#67 里山十帖と越後の春

4月の最終月曜日、京の「草喰 なかひがし」さんと共に、新潟県の魚沼にある「里山十帖」という旅館でのイベントに行ってきました。
参加者が昼過ぎに集合して、魚沼の里山で山菜を採って、夜はその山菜を使った中東さんの料理をいただくというのが主な内容で、その隙間に、私が前座で、うちのモノづくりや商いについて、つたない話をすることになりました。山菜採りに持って行くのは、うちが作らせてもろうた「なかひがし」さんの開店20周年記念かばん。
旨そうな野菜の線画を散らした、いかにも中東さんらしい帆布かばんに、おにぎりと水、軍手を入れていざ出発です。
中東さんが「私は晴れ男ですわ」と自慢してはっただけあって、当日は雲一つないピカピカの晴天。まだ雪の残っている越後の山々が青空の下に連なって、素晴らしい眺めでした。
田んぼの畔に点々と咲いているのは「フキノトウ」、びっしりと林のように「土筆」も並んでいます。中東さんに教えてもらいながら「カンゾウ」「独活(ウド)」「コゴミ」「ヨモギ」「ゼンマイ」「イタドリ」・・、「スイバ」はちぎって食べるとほんまに酸い味でした。「木の芽」は京都では山椒の葉のことやけど、ここでは「ミツバアケビの芽」のことでした。湯がいて食べるんやそうです。
青空の下で、新潟のお米で作った塩味だけの旨いおにぎりと一ぴきのめざしをほおばって、みんな一生懸命、山菜を採って、子供に還った一日でした。

夕食の前が、私の出番です。うちの仕事を30分にまとめたDVDを見てもらいながらの、ええかげんな話です。皆さん疲れてはるのに、よう我慢して熱心に聞いてくれはりました。
里山十帖の、とろりとしたお湯の露天風呂から眺める棚田と、夕日に染まった越後の山並みは絶景でした。

夜は楽しみな、中東さんと、こちらの料理長のコラボの料理です。山菜の白和え、白味噌のおつゆ、鯉の刺身・・・・。最後に煮えばなのごはん。越後のお酒のすすむこと。
すっかり酔っぱろうて、部屋に戻ったらそのまんま夢の中でした。

それにしても、中東さんは京の北部花脊の山の民、私は京の下町育ち、食糧難の時代には中東さんは逞しく生き延びはるやろうなあ。
私はあっさり・・・、あかんやろうね。