カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2017.02.23

#64 能登の新ちゃん

もう25年ほど前に、友人の紹介で能登の珠洲という所にある宿に泊まりに行ったことがあります。もとは、漆かぶれを治すための湯治場やったらしい。
宿の主人が新ちゃん。高校生の時に器械体操で脊髄を痛めて、少し歩くのが不自由でした。
田んぼの奥の山あいにぽつんと立っている宿は、すっきりとした木造。地元のあすなろの木を使った能登の民家風で、玄関に一輪「みずひき草」が活けてありました。漆塗りで艶びかりした廊下の奥は、昔風の蛇口が三つ並んだ洗面所で、涼しい風が通って中庭を見ながら顔を洗います。無駄な飾りも無うて、何もかもがセンスようできてるのに感心しきりでした。
新ちゃんのお母さんが作る海水で固めた寄せ豆腐や、新ちゃんの打った蕎麦に、季節の野菜や桔梗の花を揚げた天ぷら、朝ごはんに食べた絶品の魚の干物・・・どれもシンプルで旨いもんばかりやったなぁ。
その後、うちのエプロンをした新ちゃんが、うちのかばんを好きな女性のお客さんと出逢って、無事に結婚に至りました。うちのエプロンが縁結びになったんですわ。

先日20数年ぶりに、“ 機嫌ようしてるか ”と、新ちゃんを訪ねました。宿は冬眠中で、雪に埋もれてました。今度は玄関にはたくさんの水仙が活けてありました。今だに客室にテレビもオーディオも、もちろんトイレも洗面所もありません。雪がさらさら降るのを眺めながらの風呂も読書もええもんでした。
こんなところに暮らしてたら、清貧な竹林仙人のような人間になれるかと思うけど、そうはいきません。新ちゃんは少しは大人しゅうなったようやけど、私と一緒で街の灯も嫌いやないんや。
私もまだ枯れ木やないんで、たまには京の街の灯に誘われて、夜の托鉢に出かけます。
春になったら、新ちゃんが丹精して育てている自慢の筍を食べに行きたいもんです。
新ちゃん、もうちょっとお互い元気でいような!!