カバン・袋物・帆布加工一式 一澤信三郎帆布

信三郎のええかげんな話

Date 2016.10.06

#59 ファルマコン ’90

左:フランク・ステラ/ Frank Stella 右:フランチェスコ・クレメンテ/ Francesco Clemente

現代美術というと、“おもろいけど、なんや、つかみどころが無うて、ようわからんなあ” と思ってるのは、私だけやろうか・・。
何と25年以上前に、うちのかばんが現代美術のキャンバスになったことがあるんです。
1990年の夏に、幕張メッセで大規模な国際現代美術展があったんですが、もう覚えてはる人も少ないやろうなあ。現代美術と帆布かばんの邂逅、モダンとトラッドとの出会いでした。
現代美術に触れたことのない人に、作品と一対一で向き合ってもらい、そこから何らかのエネルギーを感じて欲しいと、名古屋のギャラリーが企画しました。

幕張メッセの広大な場所(13,500㎡)に、作家たちの作品を展示したんですが、バブルの時期とはいえ、莫大な費用が掛かったのでしょう。その費用の一部に充当しようと、10数名の現代作家さんたちが、それぞれの作品をスクリーンプリントしたかばんをサイン入りで、各自が50個づつ作って販売することになりました。そのかばんの縫製を頼まれたんです。
まず、裁断した帆布生地をスクリーンプリントの業者に送ります。作家さんが描いた原画を、厚手の帆布生地のかばんにスクリーンプリントするのは、色数も多くなかなか難儀な作業やったそうで、39版も重ねてある作品もありました。作家さんの中には、金属の塊を貼り付けた人もいはりました。かばんに原画を描いてくれたのは、「フランク・ステラ」「フランチェスコ・クレメンテ」「レイ・スミス」「ジェフ・クーンズ」「若林奮」「高松次郎」さんなどでした。
なかでも、「ジェフ・クーンズ」さんの作品は、男女が裸で抱き合うてる絵が描かれていて、職人たちがくらくらしながら縫製してましたわ。
この時の作品たちと比べたら、この秋にうちが出した「日と月」紋は、和で静寂やなー。
その折、最も高価やったかばんは、ひとつ50万やったそうで、かばんと言うより美術品ですな。そのかばんたちは、今どこにあるんかなと、ふと気になります。